Retroletra.com

【写真蔵】トミカで見る最近のクラウン

tadatchi

tadatchi


th_P7133124.jpg
ゼロクラウンネタを引っ張り出してきたついでに歴代クラウンのトミカまとめて並べてみました。
全世代がトミカになっているわけではないですが、現行型から遡って4世代は連続でトミカになっているので、この4世代をピックアップ。

th_P7133122.jpg
ご存知の通り現行型が一番右側。14代目にあたります。
色の雰囲気を合わせるためにイベントモデルの黒を使いました。

th_P7133123.jpg
統一スケールじゃないトミカあるあるですが、現行型が歴代に比べてトミカは小ぶりなので、並べて写真を撮るのは難しい。

th_P7133129.jpg
ゼロクラウン(12代目/写真中央)はゼロクラウンの通称の通り、歴代クラウンをイメージを残しつつ、新しい方向性を示したモデルです。11代目(写真右)までの四角いクラウンから、新しい方向に向かい始めた境界が見えます。


th_P7133128.jpg
ゼロクラウン以降古く見えてしまっていたクラウンの四角いデザインもいま見返すとかっこいい。
トミカではマイルドハイブリッドと、アスリートの2モデルが定番ラインナップに入っていました。




th_P7153155.jpg

th_P7153156.jpg
旧No.92 トヨタ クラウン ハイブリッド


Sponsored Link



th_P7153157.jpg

th_P7153158.jpg
旧No.109 トヨタ クラウン アスリート


th_P7153159.jpg

th_P7153160.jpg
旧No.32 トヨタ クラウン



th_P7153161.jpg

th_P7153162.jpg
旧No.32 トヨタ クラウン


th_P7153163.jpg

th_P7153164.jpg
No.92 トヨタ クラウン アスリート(今回使用しているものはイベントモデル)



th_P7133127.jpg
みんな集まって。

th_P7133126.jpg
アスリートに差し替えたバージョンも用意しました。



レクサスが国内導入されても、かわらず人気のあるクラウン。
トヨタの代表ブランドとしてこれからもずっと続いてもらいたいものです。





Sponsored Link