Retroletra.com

2016年トミカ始め。トイザらスオリジナル レクサス IS F CCS-R

tadatchi

tadatchi


新年最初のトミカの紹介はこちら。ギリギリ当日中の更新が間に合いませんでしたが、昨日購入してきた元日発売のトイザらス限定品です。「レクサス IS F CCS-R」新年の挨拶を早々に、親戚の集まりを抜け出してトイザらスへ。2年連続で新年最初にマイカーに乗った目的地はトイザらスでした。笑

レクサス IS F CCS-R

th_P1013408.jpg
昨年末に登場したトイザらス限定トミカがレクサスのトランスポーターなので、元日のトミカもレクサス絡みかなぁなんて予想していましたが案の定。RC F GT500と予想していましたが、そこは外してしまいました。

th_P1013412.jpg
No.107のIS F CCS-Rの色違いです。実物はオレンジしかないはずですが、イベントモデルのホワイトを加えて3色目のカラバリ登場です。

th_P1013410.jpg
かなり美しいダークブルー。公式サイトで情報解禁された写真を見たときからこれはかっこいいぞと思っていましたが、実際に手に取ってみるとかなりの出来栄えで感心。新年最初の1台としてふさわしいトミカと自信を持って言えると思います。


Sponsored Link



th_P1013413.jpg
ボディカラーが暗いので目立ちにくいですが柄やロゴの印刷も細かく。

th_P1013414.jpg
もちろん左右ドア開閉。中央のつや消しブラックがまたかっこよさを引き立てていますね。

th_P1013411.jpg
LFAを頂点としたレクサスFシリーズは、高性能なブランドイメージを構築するために非常大きな貢献をしています。このCCS-R自体は市販されていない車両ですが、様々なイベントで姿を現しているので実物を見たことも多いかと。

th_P1013415.jpg
リアバンパーのレクサスロゴもさりげないようで主張たっぷりなのが絶妙でグッド。

th_P1013416.jpg
裏側から。

th_P1013438.jpg
パッケージ。


管理用シール

th_P1013419.jpg
ところでトイザらスはトミカの箱に防犯や在庫管理目的(と思われる)管理シールがベタ貼りされていることが多いです。全ての店舗がそうではないのかもしれませんが、どうもこれには抵抗があります。剥がそうとこころみましたがかなり強い糊だったので断念。OPP袋に1度包んでから貼るとかしてくれるととっても嬉しいんですが。

実はこのIS F CCS-Rを購入する際に、パッケージ破損を理由に割引されたトミカをあわせて購入しています。そのトミカの紹介はまた別の機会にするとして、パッケージ破損は割引処分の対象なのに、綺麗な新品のパッケージには管理シールをべったり貼ってしまうんだなぁと考えると、なんとなく矛盾しているようにも思えてしまいます。どうなんでしょ。

期待していた以上にかっこよくて気に入った1台だからこそ、この点はぼやきたくなってしまいます。





最後にぼやいてしまいましたが、トミカ自体は非常にセンスのいいかっこいい1台だと思いました。ご存知の通り、トイザらス限定含むおおくの販売店限定トミカは1発ものです。今回のIS Fもおそらく1回生産なので、気になった方どうぞお早めに。

出先でこの記事を書いていますが、帰宅したら3色集合させてじっくり楽しみたいと思います。



メーカー:タカラトミー
ブランド:トミカ
スケール:1/66
製造国:ベトナム
購入形態:新品
参考購入価格:800円



執筆時点ですでに予定数終了で締め切られていますが一応公式通販がこちら

【予約商品】トイザらス限定 トミカ レクサス IS F CCS-R | トイザらス




トミカ No.107 レクサス IS F CCS-R (箱)





Sponsored Link