Retroletra.com

チョロQ Zero Z-24e トヨタ クラウンアスリート(ピンク)

tadatchi

tadatchi


th_P3030629.jpg
トミーテックからリリースされている大人向けのチョロQである「チョロQ Zero」からピンクのクラウンをご紹介。2015年9月に発売したものです。長らく未入手でしたが手頃な値段で売られているのを発見し、入手。ピンクのクラウンのチョロQは以前他にもリリースされていますが、こちらは「ハイグレード版」です。

th_P3030630.jpg
2012年に発表された現行モデルの前期型。ピンクのクラウンが発表会に現れたことで、これまでのクラウンの常識を覆しとても話題になりましたね。のちにこのピンクのクラウンは2013年9月1日より1ヶ月間限定で「アスリートG"ReBORN PINK"」と「アスリートG i-Four"ReBORN PINK"」という2種類の特別仕様車として一般に販売されました。大胆なカラーリングながらそれなりに売れたようで、私もなんどか走っているのを見かけたことがあります。

th_P3030631.jpg
チョロQ Zeroではサイドのエンブレムなどからハイブリッド車である「アスリートG"ReBORN PINK"」がモデルであることがわかります。チョロQ Zeroのハイグレード版はホイールも車種専用の物に変更されています。

th_P3030649.jpg
ヘッドライトにも印刷が加わり顔立ちがよりはっきり。クラウンの特徴的なポジション灯のラインもバッチリ再現されているのがいいですね。


Sponsored Link



th_P3030633.jpg
ハイブリッドエンブレムや、シルバーのドアハンドルの彩色もHG版で追加されたポイントです。

th_P3030635.jpg
リアのナンバー部分。シール曲がっちゃってますね。惜しい。

th_P3030636.jpg
裏から。

th_P3030574.jpg
不器用な私は使いませんが、自分で接着剤でとりつけるドアミラーやスポイラーも付属します。HG版だけの特別アイテムです。

th_P3030569.jpg
パッケージ。

th_P3030637.jpg
さらにクラウンアスリートには2015年4月1日から1ヶ月限定で他に2種類の特別カラーが登場しました。記憶に新しい空色と若草色です。

この2種類もチョロQから同時発売でモデル化されています。今回ご紹介したピンクと合わせて入手しましたが、この2台のご紹介はまた後日。


メーカー:トミーテック
ブランド:チョロQ Zero
スケール:
製造国:中国
入手状態:新品
参考入手価格:380円(定価1600円)




Amazonでチェックする




Sponsored Link