Retroletra.com

Sukinamonowo,
Sukinadake,
Sukidatoiitainoda.

17

トミカ No.64 488 GTB

th_P1120637.jpg
今日発売のトミカの新車、フェラーリ 「488 GTB」をご紹介。



Sponsored Link




th_P1120624.jpg
まずは通常品のレッドから。今回登場したのは「488 GTB」というモデル。今年8月に登場したラフェラーリテスタロッサに続いて3車種目のフェラーリトミカ(※復活以来)となります。怒涛の勢いで商品化が続きますね。

th_P1120625.jpg
488 GTBは2015年3月にジュネーブモーターショーで発表されたばかりのスーパースポーツカー。ターボエンジンを搭載しており、最高速度は330キロ以上なんだとか。お値段は3000万円。すごいクルマですね。

th_P1120626.jpg
ラフェラーリ同様、フェラーリ社内でデザインされたクルマとのことで、ラフェラーリに通ずるイマドキのフェラーリらしいスタイリングとなっています。

th_P1120627.jpg
正面から。L字型の特徴的なヘッドライトはクリアパーツで再現されています。ライトの形状にあわせて並べられたLEDライトの再現もお見事です。グリルがしっかりとつや消しブラックが塗られているのもグッドです。

th_P1120631.jpg
後ろから。単一丸テールがかっこいいですね。テールランプにもクリアパーツが使われています。

th_P1120632.jpg
th_P1120634.jpg
俯瞰して。

th_P1120635.jpg
裏から。「メイ・チョングループ」のライセンスを得て作られていることが印刷で明示されています。

th_P1120623.jpg
パッケージ。大抵のトミカの箱は車名が日本語表記とアルファベット表記で上下に並んで書かれていますが「488 GTB」は日本語表記するものがないので、パッケージの見た目がいつもとちょっと違います。なんだか不思議な感じ。


th_P1120612.jpg
初回特別仕様のイエローも同時発売です。

th_P1120613.jpg
フェラーリ本社がある「モデナ県」の色が黄色なので、フェラーリのコーポレートカラーも黄色なんだそうですね。定番ライナップのフェラーリが2台ともレッドなのはあまり面白くないので黄色が通常品でもよかったんじゃないかなぁと思います。

th_P1120614.jpg
黄色とかオレンジとか、こういう色はとっても私好み。とっても気に入りました。

th_P1120615.jpg
正面から。

th_P1120616.jpg
後ろから。黄色だと丸いテールがよく目立ちます。

th_P1120617.jpg
th_P1120618.jpg
俯瞰して。

th_P1120620.jpg
th_P1120621.jpg
ライト部分をアップで。

th_P1120622.jpg
エンジンルームを覗き見ることもできます。

th_P1120619.jpg
裏から。

th_P1120610.jpg
th_P1120611.jpg
パッケージ。

th_P1120638.jpg
th_P1120639.jpg
th_P1120640.jpg
通常と初回を並べて。


th_P1120641.jpg
th_P1120643.jpg
ラフェラーリと一緒に。

th_P1120648.jpg
赤で揃えてテスタロッサ・ラフェラーリ・488GTB。

th_IMG_9644.jpg
あっと言う間にたくさんのフェラーリトミカが出ましたね。来月にも「フェラーリセット」や「512 BB」の登場が決まっておりまだまだフェラーリフィーバーが終わることはなさそうでう。追いかけるほうも大変だ.....笑


488 GTB

メーカー:タカラトミー
ブランド:トミカ
スケール:1/62
ギミック:サスペンション
入手状態:新品
発 売 日 :2018年11月
納 車 日 :2018年11月
標準価格:450円+tax
入手価格:450円+tax
記事分類:新商品レビュー

※発売日や標準価格の情報は参考程度にお楽しみください。入手価格は相場を保証するものではありません。





Sponsored Link