Retroletra.com

Sukinamonowo,
Sukinadake,
Sukidatoiitainoda.

05

パワーサポート Air Jacket for iPhone XS (クリア)

th_IMG_0374_20181205213745de0.jpg
大好きなメーカー「パワーサポート」からiPhone XS専用のクリアケース「Air Jacket for iPhone XS」が本日より発売になったので早速購入しました。シンプルさと精巧さに強いこだわりのある国産ケースメーカーです。



Sponsored Link




th_IMG_0398.jpg
今回もお馴染みの透明なドーム型パッケージに入っています。開けるのにちょっとコツがいりますが、見た目はとってもかっこいいと思います。

th_IMG_0397.jpg
金色で箔押しされた「Air Jacket for iPhone XS」の文字。ちゃんとSが「小さい大文字」で表示されていました。こういうところが流石パワーサポートですね。XS専用なのでXに取り付けることはできません。

th_IMG_0396.jpg
今回はシルバーのXSに取り付けるのでクリアを選択しました。セルフリペアコートが施されているので細かい傷に対する耐性が強いのもこのケースの特徴です。カラーは他にクリアブラック・ラバーグレー・ラバーブラックが同時発売となっています。スペースグレイのiPhoneならクリアブラックもよく似合うと思います。色に迷った方は参考までにiPhone 7の時に買ったクリアブラックのAir Jacketの記事もどうぞ。

th_IMG_0394.jpg
パワーサポートはiPhoneケースとしては珍しく日本製です。

th_IMG_0390.jpg
今回のAir Jacketはパワーサポートのクリアケースとしては初めてケース内側にマイクロドット加工が施されています。これはiPhoneのガラス製の背面とクリアケースが密着した時に発生してしまう干渉縞を防ぐ効果があります。私は昨年もiPhone 8のためにクリアのAir Jacketを購入していましたが、7/8用はマイクロドット加工がないため下の写真のような模様が発生してしまっていました。この模様はとても見栄えが悪く、購入後すぐに他の干渉対策がされているケースに買い替えてしまったという経緯があるので個人的にとても嬉しい改良でした。このドット加工がなければ今回は買わなかったと思います。

th_P9242665.jpg
こちらがiPhone 8にマイクロドット加工が施されていない7/8用のエアージャッケットを取り付けた時の写真。密着している部分を中心に、ケースの内側に水が入り込んでしまったかのような独特の模様が発生してしまいます。見栄えを大事にしてAir Jacketを選んだのでとても残念でした。


th_IMG_0392.jpg
th_IMG_0391.jpg
ケース本体。公式の表現を借りると「パワーサポートのAir Jacket™が目指すのは最も薄く、最も軽く、最もフィットするケース」だそうです。

th_IMG_0389.jpg
透明度の高いとても綺麗なクリアケースです。


th_IMG_0377.jpg
th_IMG_0376.jpg
iPhone XS(シルバー)に装着。ぱっと見ではケースを装着していることに気づかないほど完璧な一体感です。

th_IMG_0386.jpg

th_IMG_0385.jpg
側面のボタン部分は正確にくり抜かれています。上下に適度な余白があるので、ケースをつけていてもボタンが押しにくく感じられることはありません。

th_IMG_0369.jpg
手持ちのLightningケーブルは問題なく使用できました。一般的な充電用のケーブルの使用は問題なさそうです。幅の広いアダプタやアクセサリを使うことが多い方はご注意を。

th_IMG_0384.jpg
底部も形状に合わせたデザイン。スピーカーやマイクの穴の位置も全くズレがありません。このあたりの信頼性の高さは発売後に実機を手にしてから開発を始めるケースメーカーの強みだと思います。XとXSは底部の穴の数が異なりますが、このケースはXS専用品なので、穴の数もXSにピッタリ合わせられています。

th_th_P1110149.jpg
こちらはXとXSどちらにも装着が可能なエレコムのiPhoneケースをXSに取り付けたもの。穴の数が多いXに合わせて設計されるためXSに取り付けると不自然な空間が生まれてしまいます。共通設計にした方がメリットも多いのでしょうが、細かいことが気になる私には苦手なデザインです。

th_IMG_0382.jpg
全画面保護タイプのガラスを貼っていますが特に干渉することはありませんでした。

th_IMG_0379.jpg
SIMスロットを開閉させるときはケースを取り外す必要があります。

th_IMG_0404.jpg
カメラの周囲だけ一段高くなるよう設計されています。薄型のケースですのでケースを付けても机上でのグラつきは緩和されません。

th_IMG_0373.jpg
XとXSはカメラの大きさが微妙に異なりますが、前述の通り今回のケースはXS専用設計なので、当然ながらXSに取り付けた時に上下の余白が均等になります。これもX/XS共通ケースだと中心がずれて見えてしまったりすることがあるので、この点でも専用設計はやっぱりありがたいです。


th_IMG_0371.jpg
前から見てもケースを装着している感はあまりありません。自然に溶け込んでいます。Airを名乗るだけのことはあると思います。

th_IMG_0381.jpg
th_IMG_0380.jpg
タイトに作られたケースの脱着を容易にするため、下側の角の部分だけ若干余裕を持たせた作りになっています。個人的にはあまり気にしませんが、ここは好みが分かれるかもしれません。


th_IMG_0378.jpg

th_IMG_0375.jpg

ついに発売したXS用のAirJacketは期待通りの素晴らしい出来でした。唯一の不満点であった干渉問題が解決したので、私としてはもう選ばない理由がありません。iPhoneを自然に、裸に近い見た目で保護できるクリアケースが欲しい方には是非ともおすすめしたいケースです。価格は2680円(税込)とやや高めではありますが、値段に見合う満足感がこれにはあると思います。

今回はXS用を紹介しましたが、XS Max用とXR用も同時に発売しています。他の機種を使っている方も是非チェックしてみてください。XS用をXに装着すること、X用をXSに装着することはできないとのことなので購入の際は間違えないようにご注意を。




Sponsored Link