Retroletra.com

Sukinamonowo,
Sukinadake,
Sukidatoiitainoda.

28

MacBook Air (2018) を買いました

th_P1140356.jpg
長い沈黙を経て今年ついに華々しくフルモデルチェンジを果たした、新型のMacBook Airを購入しました。これまで2015年モデルのMacBookを使っていましたが、購入から3年近く経過していること、バッテリーが明らかに劣化してしまっていること、PayPay還元を使うなら今しかないことなどから、新型MacBook Airの登場は買い替えのいい機会かなと思いまして、思い切ってMacを新調することにしました。購入したのはスペースグレイのMacBook Airですが、色々あってシルバーのMacBook Airを使う機会ができました。そのうちスペースグレイに入れ替わりますが、せっかくシルバーが手元にあるので一度写真でご紹介します。



Sponsored Link




th_P1140327.jpg
MacBook Airのパッケージから。いつも通り白い四角い高級感のある箱に入っています。

th_P1140329.jpg
MacBook Airを横から見た写真入り。

th_P1140331.jpg
アップルマークもいつもの場所に。

th_P1140333.jpg
ペリペリっと剥がして開封します。

th_P1140339.jpg
フタを開けるといきなりMacBook Air本体が姿を現します。

th_P1140340.jpg
th_P1140341.jpg
本体の下にガイド類とtype-C規格のUSBケーブルとACアダプタが入っています。

th_P1140355.jpg
MacBook Air 2018 (シルバー)本体。MacBookとMacBook Proの中間に位置するモデルです。

th_P1140348.jpg
左側面。type-Cポートが2つだけのシンプルなデザインです。ここで充電もデータ転送も画面出力も全部できます。

th_P1140350.jpg
右側面。イヤホンジャックを廃止したがっているアップルですが、意外にも新型MacBook Airにはイヤホンジャックが残されていました。さすがにiPhoneより使用目的が多様化するMacでそれを決断するのはまだ早いと考えたのでしょう。

th_P1140351.jpg

th_P1140353.jpg
先端に向かって傾斜するデザインを見ると、MacBook Airが帰ってきたんだなって嬉しくなります。私はMacBook(2015)のさらに前はMacBook Air(2013)を使っていました。MacBookシリーズとしては初めて手にしたのがAirだったので、このデザインと名前には特別な愛着があります。

th_P1140357.jpg
起動! もちろん新型にはRetinaディスプレイが採用されています。

th_P1140367.jpg
新型のMacBook Airは100パーセント再生アルミニウムが使用されているそうです。地球からアルミニウムを全く採掘しないので環境に優しいのだとか。私たちがMacBook Airを手にとってみて、これが再生アルミだとわかることはないと思いますが、こういう付加価値も必要な時代なのかもしれませんね。

th_P1140359.jpg
開くと目に飛び込んでくる「MacBook Air」の文字。所有欲を満たしてくれます。

th_P1140358.jpg
新しくなったキーボード。公式サイトによれば「従来のシザー構造よりもキーの安定性が4倍向上し、一段と快適な使い心地と一段と優れた反応が得られ」るんだそうです。見た目は大きく変わっていませんが、今までバタフライキーボードがついたMacBookを使っていた人なら、すぐに打鍵感が全く違うことに気づくと思います。私は元々このペタペタとしたキーボードが好きでMacBook2015を買った人なので、今回のMacBook Airでキーボードが「もっと良くなった」と感じました。MacBookを触ってキーボードがしっくりこなかった人も、改めてこれを試して好き嫌いを決めてみるのもいいかもしれません。今回もMacBookの時と同じように、キーボードを米国仕様にカスタマイズオーダーして購入しました。キーにひらがなが書かれないので見た目がすっきりとします。見た目重視ならこれかな。ちなみに日本語向けと微妙にキー配置や操作が変わるのでキーボードのカスタムを考えている方はご注意を。

ちなみにアップルストアでは予めある程度在庫を持っているようで、カスタムキーボードにしても比較的直ぐに手に入りますが、量販店で注文すると完全受注生産となり3週間ほど待たされます。組み立てて海外から出荷されるので時間がかかるようです。前回はアップルストアで即日持ち帰ったので、こんなに時間がかかるのだとびっくりしました。でも受注生産ってなんだか特別感があっていい響きですね。

th_P1140360.jpg
トラックパッドも広くなって操作しやすくなりました。一応Mac用のマウスも持っていますが、トラックパッドのジェスチャー操作が快適なので、マウスを使う機会は殆どなさそうです。

th_P1140361.jpg
右上には黒く光沢のあるキーが。TouchID(指紋認証)のセンサーを兼ねた電源ボタンです。画面ロック解除や、ApplePay決済でパスワードの代わりとして指を乗せるだけで本人認証できます。Macには同じアカウントに紐づいているApple Watchを付けていると、自動でロック解除される機能がありますが、これはTouchIDと併用して有効にしておくことができます。普段はApple Watch認証の方が楽ですが、AppleWatchを付けていないなどには便利だなと感じます。やっぱり長いパスワードをなんども打つのって面倒ですからね。

th_P1140362.jpg
キーボードの両端にはステレオスピーカーが配置されています。この記事を書いている時も作業用BGMとしてApple MusicのラジオをMacBook Airで聴いていますが、これまで使ってきたMacBookとは音の聞こえ方が全く違います。オーディオに疎い私でも驚くのでかなり違うのだと思います。公式サイトによれば「一世代前のモデルと比べて低音が2倍になり、音量は25パーセント大きくなりました。ステレオサウンドが一段とワイドに広がるので、音楽を聴く時も、映画を観る時も、臨場感あふれるオーディオに包まれます。」だそうです。

th_P1140369.jpg
起動して。

th_P1140371.jpg
これまで使ってきたMacBook(2015・右)と並べて。MacBookは12インチ。MacBook Airは13.3インチです。こう見比べると大きさが結構違うんだなと思います。重量はMacBookが0.92kg、MacBook Airが1.25kgです。微々たる差のようですが手に取るとAirはずっしりと重たい。かつてMacBook Air2013からMacBook2015に買い替えた時は学生で、「大学に持っていくには軽くて小さいMacがほしい」といった事情がありましたが、一転して今はもうほとんど持ち出す機会がなく、休日にブログを書くか仕事でプログラムをちょちょっと書く程度。Eclipseがちゃんと動けば困りません。サイズや重量はあまり問題ではありませんでした。

th_P1140385.jpg
右がAir。若干ならAirの方が厚みがあります。

th_P1140383_20181228123025c07.jpg
MacBookから買い替えて一番わかりやすく地味に嬉しいのは、USBポートが2つになったこと。周辺機器をたくさん繋ぐことは滅多にないものの、これまでのMacBookでは(ハブがないと)充電しながら別の機器と繋ぐことができませんでした。これからはMacが完全放電してしまったときなど「充電しながらカメラも今直ぐ繋ぎたい」みたいなシーンでストレスを感じるようなことはありません。

th_P1140374.jpg
新しいパソコンはとっても気持ちがいいですね。まだ1日触っただけですが、これは長く安心して使えるものだと思います。高い買い物だけど買ってよかった。(本来届くはずだった)スペースグレイが無事に届いたら、そのときまた簡単に報告したいと思います。


Sponsored Link