Retroletra.com

Sukinamonowo,
Sukinadake,
Sukidatoiitainoda.

04

ドリームトミカ No.145 頭文字D AE86 トレノ

th_IMG_1498.jpg
ドリームトミカの頭文字D仕様「AE86 トレノ」を買ってきました。このトミカは2013年に発売になったもの。私も発売当初に購入していますが、このトミカは初期のものにメーカー名の綴りを間違えるシャーシの誤植があり、のちに修正が入りました。修正版をそのうち買おう買おうと思っているうちに時間が経ってしまいました。特に目立った新商品ではありませんが、発売当初に書いた記事が古いので改めてご紹介します。



Sponsored Link




th_P1140555.jpg
大人気漫画「頭文字D」とコラボしたドリームトミカ。主人公・藤原拓海が操るマシン「AE86型 トヨタ スプリンタートレノ」のトミカです。頭文字Dは「ハチロク」人気の向上に一役買った作品だと説明しても異論はないでしょう。AE86型スプリンター トレノ/カローラ レビン(通称ハチロク)は現在の「86」にも大きく影響を与えたクルマです。

th_P1140556.jpg
ハチロクといえば白と黒のツートンカラー。作中仕様ですので車体には「藤原とうふ店(自家用)」の文字が入っています。

th_P1140557.jpg
反対から。文字が入っているのは右側面だけ。これも作中の設定同様です。このトミカに限っては右側面の文字を見せるため、パッケージやホームページでも右向きの写真が使われています。この記事でもそれに倣い、いつもと逆向きで撮影しました。

th_P1140558.jpg
AE86トレノのトミカは以前からありましたが、今回(2013年)ドリームトミカとしてトレノを商品化するにあたって金型が新規に興されました。従来のトレノのトミカと比べて最も大きな違いは、リトラクタブルヘッドライトが展開した状態になっていること。閉じているときは閉じているときでかっこいいけど、ライトが開いていると動きが出てもっと素敵に見えます。

th_P1140559.jpg
後ろから。テールが赤単色なのがちょっと物足りないものの、全体的な仕上がりはグッド。往年のクルマのトミカでありながら最近のトミカと並んでも違和感のない仕上がりとなっています。

th_P1140560.jpg
th_P1140561.jpg
俯瞰して。ボンネットは黒色。

th_P1140562.jpg
左右ドア開閉。

th_P1140563.jpg
内装の再現も良くできています。

th_P1140564.jpg
ワタナベ製ホイールも。

th_P1140565.jpg
裏から。シャーシの社名表記は刻印が削られ、印刷に変更されています。初期のものは「TOYOYA」って書いてあったんですよね。

th_P1140553.jpg
パッケージ。No.145が割り振られたのはドリームトミカ再編成後です。発売当初はナンバリングがありませんでした。

th_P1140566.jpg
th_P1140567.jpg
th_P1140568.jpg
新旧パンダカラーのハチロクと86で記念撮影。

トヨタ スプリンタートレノ

メーカー : タカラトミー
ブランド : ドリームトミカ
識別番号 : 4904810486466
スケール : 1/61
ギミック : サスペンション/左右ドア開閉
入手状態 : 新品
発売年月 : 2013年9月
納車年月 : 2019年1月
標準価格 : 700円+tax
入手価格 : 700円+tax
記事分類 : 入手記録/レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。価格の情報は相場を保証するものではありません。






Sponsored Link