Retroletra.com

Sukinamonowo,
Sukinadake,
Sukidatoiitainoda.

19

iPad 6thと第1世代Apple PencilとSmart Coverを買ってきました。

th_P1150278.jpg
昨年末にPayPayで買ったMacBook Airの還元ボーナスが入ったので、これはチャンスだと第6世代iPadとApple Pencilを買ってきました。簡単にご紹介します。



Sponsored Link




th_P1150280.jpg
今回購入してきたのはiPad 6th/32GB/ゴールド/Wi-Fiのモデル。他のモデルと区別して「9.7インチiPad」なんて呼ぶこともありますね。名前がコロコロと変わるので変わりにくくなっていますが、「ProではないiPad」としては最新・現行型のモデルとなっています。iPad Airシリーズの流れを汲むデザインのモデルで、価格は37800円から。iPadシリーズの「最廉価・コスパ抜群」モデルです。当初は最新のiPad Proを買うつもりでしたが、iPadProならではの要素の大半が買ったばかりのMacBook Airと被ってしまうので、コスパの良さそうな6thにすることにしました。

th_P1150282.jpg
箱を開けるとiPad本体が登場。

th_P1150286.jpg
本体の下にいつもの付属品が収められています。

th_P1150285.jpg
付属の書類はこんな感じ。

th_P1150299.jpg
とても迷いましたが、今回選択したiPadはゴールドモデル。ゴールドのiPadは初めて購入しました。赤みがかったやや濃い目のゴールドです。

th_P1150298.jpg
前面はホワイト。最新型はiPhoneもiPad Proも白いベゼルのものがなくなってしまいましたね。白前面モデル好きなのになぁ。

th_P1150300.jpg
背面には800万画素カメラ。

th_P1150301.jpg
底面にはステレオスピーカーつき。動画鑑賞なども快適に行えます。

th_P1150302.jpg
カメラ・イヤホンジャック・ステレオスピーカー......最廉価とはいえ、必要な機能はちゃんとついています。

th_P1150303.jpg
背面底部にiPadロゴ。

th_P1150304.jpg
ホームボタンにはTouchIDつき。指を載せればロックが解除できるのでとても便利ですが、新型ProについているFaceIDがあったらもっと便利だなぁとは思います。

th_P1150305.jpg

th_P1150306.jpg
起動画面はベゼルの色に合わせてホワイト。

th_P1150309.jpg
iOS11以上を搭載した他のiOSデバイスを持っている場合は、設定情報を渡してあげることで簡単にセットアップできます。今回はiPhone XSからセットアップしてみました。

th_P1150310.jpg
起動完了。ホーム画面を表示して。

th_P1150311.jpg
久々にiPadを買ったので、以前使っていたものとジャスチャーが変わっていたり、マルチアプリができるようになったり、Dockの概念がMacのようになっていたりと、ことあるごとに驚かされます。少しずつiPad知識をアップデートしていかなくては。新しいガジェットを手に入れた時はやっぱり楽しいですね。

th_P1150313.jpg
横向きも。

th_P1150315.jpg
レトロレトラを表示してみました。このブログはiPadから見るのが一番快適な気がします。


th_P1150319.jpg
Apple Pencilも買ってきました。6thに対応している「第一世代」のApple Pencilです。箱をスッと動かして開封。

th_P1150320.jpg
カリフォルニアの息吹を感じるこの文言。

th_P1150321.jpg
付属品一式はこんな感じ。

th_P1150322.jpg
ペン先は交換可能。Lightningケーブルから直接充電できるようにする変換アダプタも付属します。

th_P1150323.jpg
th_P1150324.jpg
Apple Pencil本体。

th_P1150325.jpg
よく見ると林檎マークが。

th_P1150326.jpg
蓋を外すとLightningが飛び出します。

th_P1150327.jpg
iPadに挿し込むと自動でペアリングされます。Pencilの充電もiPad本体から可能です。iPadからペンが生えた見た目が発表時からとても不評でしたね。充電もペアリングも頻繁にすることではありませんが、蓋を外して挿しこむのは確かにめんどくさい。最新のiPad Proにだけ対応した第二世代のApple Pencilではこの辺りの仕様が大幅に変更されています。

th_IMG_0187.jpg
快適なペンを使ってお絵かきを楽しみました。画面上にペンで字を書いているのに、自分のいつもの描き癖がちゃんと出るのってすごいですよね。iPadはiPad Proに比べるとガラスと表示面の間に若干の隙間があるので、より本物のペンに近い繊細な書き心地が必要なプロの絵描きさんなどはProの方がいいかもしれません。


th_P1150329.jpg
ついでにiPad用純正カバーである「Smart Cover」も買ってきました。

th_P1150331.jpg
選んだのはPRODUCT REDのもの。過去に購入したiPadでも毎回レッドのスマートカバーを選択しているので、私にとってはSmartCoverイコール赤いものです。

th_P1150332.jpg
イラストで分かりやすく使い方が書かれています。

th_P1150333.jpg
9.7インチiPadの専用品です。

th_P1150334.jpg
SmarCover本体。外側はポリウレタン製です。

th_P1150335.jpg
本体と接触する内側はマイクロファイバー仕上げとなっています。

th_P1150336.jpg
PRODUCT REDのロゴ。

th_P1150350.jpg
th_P1150351.jpg
ゴールドのiPad本体とも相性ばっちり。おめでたい感じの組み合わせになりました。

th_P1150343.jpg
マグネットでしっかりと正確に固定されます。

th_P1150342.jpg
ちらり

IMG_0161.jpeg
th_IMG_0162.jpg
Smart Coverならではのスタンド機能も健在。これが便利なんですよね。



th_P1150348.jpg
あたらいいデバイスが増えたので、今使っているアップル製品を並べて。色がバラバラですね...笑




Sponsored Link