Retroletra.com

Sukinamonowo,
Sukinadake,
Sukidatoiitainoda.

16

トミカ No.16 ランボルギーニ ウルス

th_P1160183.jpg
今日発売のトミカの新車「ランボルギーニ ウルス」をご紹介。



Sponsored Link




th_P1160184.jpg
まずは通常品のイエローから。実車のイメージカラーでもある「Giallo Auge」がモチーフです。

th_P1160186.jpg
「ウルス」は2017年末に発表され、昨年2018年からデリバリーが始まっているランボルギーニのSUVモデル。歴史を辿ればこれが同社初のSUVというわけではないようですが、クーペ・スポーツタイプばかりの現行ランボルギーニラインナップの中では、背の高いウルスはかなりの異彩を放つモデルと言えると思います。ターボエンジンを搭載するクルマはランボルギーニ初だそうです。

th_P1160187.jpg
既に日本のナンバープレートを装着したウルスが何台も存在しているようです。以前ランボルギーニのショールームにウルスが展示されているのを見かけた記憶があります。門戸を叩く勇気があれば国内でも実車を見ることは簡単です。

IMG_1309.jpeg
バックミラー越しに見たくはない迫力満点のフロントマスク。ボディタイプが変わっても、一目でランボルギーニだとわかるデザインに仕上がっているのは流石ですね。ボンネット周りの造形にはLM002のオマージュもあるのだとか。

th_P1160189.jpg
リラコンビネーションランプは全面赤塗りで再現。実車を見る限りここは黒塗りでも良かった気がします。中央のランボルギーニロゴが綺麗に印刷されていてグッド。リアバンバーのガーニッシュのシルバー塗装が素敵なワンポイントになっています。手が込んでいるなという印象。

th_P1160190.jpg
th_P1160191.jpg
俯瞰して。

th_P1160192.jpg
いつものワイドタイヤと同じデザインですが、よく見るとかなりの大径タイヤです。

th_P1160196.jpg
86のワイドタイヤと比べると一目瞭然。

th_P1160193.jpg
どんな道でも走れるスーパーカー。とってもかっこいいですね。

th_P1160195.jpg
裏から。

th_P1160213.jpg
th_P1160216.jpg
パッケージ。そういえば緩衝材の中袋は前回のコルベットと異なり、圧着されていない従来のタイプのものでした。

th_P1160200.jpg
同時に発売した初回特別カラー。高級感あふれる光沢のあるブラックです。

th_P1160199.jpg
通常品の純粋な色違いにあたります。全身真っ黒で、なんというかカタマリ感がすごいです。この色はこの色でよく似合っているけれど、個性的なフロントグリル周りが目立たなくなってしまうので、どちらかといえば通常イエローの方が私は好みかも。

th_P1160202.jpg
ホイールまで黒いので全身ブラックでビシッとキマっています。高級車や大きなクルマによく似合う人気カラーですから、街中でいずれ見かけるウルスも黒なんじゃないかなぁと思います。

th_P1160206.jpg
th_P1160204.jpg
前後から。

th_P1160207.jpg
th_P1160208.jpg
俯瞰して。

th_P1160209.jpg
裏から。

th_P1160214.jpg
th_P1160215.jpg
パッケージ。

th_P1160217.jpg
th_P1160218.jpg
先にでていたマジョレットのウルスと並べて。ミラーの再現・クリアライト・開閉ギミックなど部分で比較するとマジョレットが優位ですが、全体的な仕上がりやプロポーションのよさはトミカの方がいいかなと思います。

th_P1160210.jpg
th_P1160212.jpg
通常と初回とを並べて。カラバリたくさん増える予感...出たらきっと買っちゃうなぁ。笑


ランボルギーニ ウルス

メーカー : タカラトミー
ブランド : トミカ
識別番号 : 4904810-102748/106999
スケール : 1/66
ギミック : サスペンション
入手状態 : 新品
発売年月 : 2019年2月
納車年月 : 2019年2月
標準価格 : 各450円+tax
入手価格 : 各450円+tax
記事分類 : 新商品レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。価格の情報は相場を保証するものではありません。







Sponsored Link