Retroletra.com

Sukinamonowo,
Sukinadake,
Sukidatoiitainoda.

16

トミカ No.89 いすゞ ギガ トレーラーハウス

th_P1160223.jpg
トミカの今月の新車。ウルスと同時発売だった「いすゞ ギガ トレーラーハウス」をご紹介。



Sponsored Link




th_P1160224.jpg
「トレーラーハウス」の名前の通り、家を丸ごと牽引(積載?)したいすゞ ギガのトミカです。言葉のニュアンス的には「牽引された家のトミカ」の方が近いかも。あまり馴染みがないのでWikipedia先生の定義を引用します。

「トレーラーハウス(和製英語)とは、キャンピングトレーラーの体裁を取りながら、特定の場所に定住する目的で設置されるもののことである。電気や上水道、下水道などを車両内で完結させず、公営企業のサービスを直に受け入れるものも多く、「タイヤがついたプレハブ住宅」と考えても良い豪華なものもある。」

(トレーラーハウス - Wikipedia より)


th_P1160225.jpg
商品化企画の発想としてはとても面白いものだと思いますし、遊びココロがあってこそのトミカだと思いますが、純粋にトミカの仕上がりだけ見ると正直イマイチな印象。茶色単色のギガに、プラスチック感たっぷりのシール貼りハウス...。そしてなにより、家が傾いてしまっているのが気になります。この傾きは設計努力でなんとかなりそうなんだけど。

th_P1160226.jpg
左右非対称デザインなので反対からも。右側の窓からは室内が何も見えないんですねぇ。

th_P1160227.jpg
正面から。ヘッドライトこそシルバーで塗られていますが、他は茶色単色でなかなか殺風景。

th_P1160228.jpg
後ろから。

th_P1160229.jpg
th_P1160230.jpg
俯瞰して。

th_P1160234.jpg
th_P1160235.jpg
他の牽引タイプのトミカと同様、ヘッドは左右に振ることができます。

IMG_1331.jpeg
左向きに直角に曲げた時だけヘッドを外すこともできます。

th_P1160237.jpg
パッケージに書かれているギミック「家脱着」は文字通りの意味。トレーラーから家の部分を取り外すことができます。

th_P1160238.jpg
構造はとってもシンプルなので、隙間に爪を挟んで上に持ち上げれば簡単に取り外せます。

th_P1160239.jpg
非統一スケールのトミカに縮尺の話を持ち込むのはナンセンスですが、家単体のサイズはこんな感じ。ジオラマとして使うには小さすぎるし、現時点で取り外すメリットはないような気がします。将来バリエーションが増えれば家を入れ替えて遊べるようになるかもしれませんね。どうせやるならタワーマンショントレーラーとか出してほしいなぁ。家の付け替え遊びができるようになったら遊びの幅が広がるので私の中の評価が10倍くらいになると思います。

th_P1160231.jpg
裏から。

th_P1160222.jpg
パッケージ。


ハンバーガーカーとかフライドポテトカーとか、実際にありえないようなものも含めて、遊び心のあるトミカは大好き・大歓迎な私ですが、今回は珍しく全く私に刺さるものがありませんでした。せめて家が傾いていなかったらなぁ......。笑

今後ギフトセットなどでハイディティール版がでたり、今回のものと家を付け替えて遊べるバリエーションが増えれば期待を込めて再び手に取りたいなと思います。トミカショップオリジナルで「トレーラートミカショップ」とかどうでしょう。


いすゞ ギガ トレーラーハウス

メーカー : タカラトミー
ブランド : トミカ
識別番号 : 4904810102441
スケール : - - -
ギミック : 本体取り外し・家脱着
入手状態 : 新品
発売年月 : 2019年2月
納車年月 : 2019年2月
標準価格 : 450円+tax
入手価格 : 450円+tax
記事分類 : 新商品レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。価格の情報は相場を保証するものではありません。






Sponsored Link