Retroletra.com

Sukinamonowo,
Sukinadake,
Sukidatoiitainoda.

20

トミカプレミアム No.08 日産 シルビア

th_P1170464.jpg
今日発売のトミカプレミアムの新作「日産 シルビア」をご紹介。



Sponsored Link




th_P1170465.jpg
今回トミカプレミアムに登場したのは1988年から1993年に販売された5代目シルビア。所謂「S13」型のシルビアです。往年のスポーツカー復刻シリーズと化してしまったトミカプレミアムらしい車種セレクトです。

th_P1170466.jpg
ご存知の通りS13がトミカになるのはこれが初めてではありません。S13シルビアが現役の時代(1989年)にトミカ化され、さらに2016年には金型改修が行われました。近年でもイベントモデルやドリームトミカとしてしばしばバリエーションが登場しています。今回はトミカプレミアムですから当然、新規金型モデルです。新鮮味はありませんが、今でも根強い人気のある車種だからこそわざわざ作り直す価値があると判断されたのでしょう。

th_P1170467.jpg
th_P1170468.jpg
前後のライトにはクリアパーツが使われています。S13の未来感たっぷりのフロントマスクがよく再現できているかなと思います。ウインカーが塗られているミニカーフェチな私はウインカーとサイドマーカー塗られていることに大興奮。

th_P1170469.jpg
th_P1170470.jpg
俯瞰して。さすが新規で金型を起こしただけあってシュッとしたスタイリッシュなプロポーションに仕上がっています。ボディカラーはおなじみのライムグリーンツートン。S13といえばこのカラーですよね。

th_P1170471.jpg
左右ドア開閉。

th_P1170472.jpg
内装もしっかり再現されています。

th_P1170473.jpg
ホイール。

th_P1170474.jpg
「K's」のエンブレムも印刷で再現されていました。

th_P1170475.jpg
フロントにはシルビアのロゴ。

th_P1170476.jpg
よく見るとウイング(スポイラー?)がちゃんと抜けていました。芸が細かいなぁ。

th_P1170477.jpg
裏側。

th_P1170461.jpg
th_P1170462.jpg
パッケージ。

th_P1170478.jpg
th_P1170480.jpg
従来のシルビアのトミカと比べて。右が改修後の既存金型を使って作られた頭文字D仕様のドリームトミカです。パッと見ただけで全く新しい金型に変わっていることがお分かりいただけると思います。既存のシルビアのトミカを持っている人も買わない理由はないでしょう。縮尺は従来のものが1/59、プレミアムが1/62なので、今回のものの方が若干小さめです。

今回のシルビアと交代で「RC F GT500」が廃盤になります。結局1つもカラバリが出ませんでしたね。

日産 シルビア

メーカー : タカラトミー
ブランド : トミカプレミアム
識別番号 : 4904810114192
スケール : 1/62
ギミック : サスペンション/左右ドア開閉
入手状態 : 新品
発売年月 : 2019年4月
納車年月 : 2019年4月
標準価格 : 800円+tax
入手価格 : 800円+tax
記事分類 : 新商品レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。価格の情報は相場を保証するものではありません。






Sponsored Link