Retroletra.com

Sukinamonowo,
Sukinadake,
Sukidatoiitainoda.

15

トミカ No.27 トヨタ ジャパンタクシー


th_P1180998.jpg
今月のトミカの新車「トヨタ ジャパンタクシー」をご紹介。同時発売のエンツォ フェラーリとは真逆の存在ですね。



Sponsored Link


th_P1180999.jpg
「ジャパンタクシー」は名前の通りタクシー専用車。英字表記では「JPN TAXI」です。トヨタが開発し2017年に発売したもので、従来からタクシーなどに用いられていた「コンフォート」の事実上の後継車にあたります。

th_P1190001.jpg
シエンタのシャーシをベースに開発されているらしく、ボディはトールワゴンタイプ。側面には大きなスライドドアが装備され、乗客の乗り降りのしやすさが考慮されたデザインとなっています。トミカでは再現されませんが、コンフォートなどからの移行がしやすく、死角が少ないフェンダーミラーが標準装備だったり、ステアリングから手を離さずにハザードを炊けたりと、さすがタクシー専用車と思わせる装備が満載です。

th_P1190032.jpg
左側はスライドドア、右側はヒンジドアの左右非対称デザインです。

th_P1190002.jpg
通常品のJPN TAXIは藍色の単色。カタログ名でいうと「深藍」です。特定のタクシー会社の柄を模したようなデザインはありません。ハイブリッドカーの象徴である青いトヨタマークが目立ちます。ライトはシルバー塗りですが、グリル類も併せて塗られているのでぱっと見の質感は決して悪くないと感じます。

th_P1190003.jpg
夜道でもジャパンタクシーだと一目でわかる特徴的なテールランプは赤塗りで再現。これで後部ドア開閉か、スライドドア開閉ギミックがあれば完璧だったのになぁ。

th_P1190005.jpg
th_P1190006.jpg
俯瞰して。ルーフについた行灯には「JPN TAXI」の文字が書かれています。

th_P1190007.jpg
裏側。

th_P1190010.jpg
パッケージ。

ジャパンタクシーのトミカはオーソドックスなカラーリングなので広く受け入れられてよく売れそうな気がします。事実上の重塗装版にあたるオリンピック、パラリンピック柄シンボル入りのトミカも発売が予告されているようです。買うかはともかく今後カラバリがたくさん増えることに期待しています。


トヨタ ジャパンタクシー

メーカー : タカラトミー
ブランド : トミカ
識別番号 : 4904810102496
スケール : 1/62
ギミック : - - -
入手状態 : 新品
発売年月 : 2019年6月
納車年月 : 2019年6月
標準価格 : 450円+tax
入手価格 : 450円+tax
記事分類 : 新商品レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。価格の情報は相場を保証するものではありません。





Sponsored Link