Retroletra.com

Sukinamonowo,
Sukinadake,
Sukidatoiitainoda.

16

【新商品レビュー】 トミカ No.70 ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ

th_P1220386.jpg
今日発売のトミカの今月の新車「ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ」をご紹介。


Sponsored Link



th_P1220374.jpg
「SVJ」は2018年8月に発表されたアヴェンタドールの高性能モデル。通常品は鮮やかなグリーンで登場です。900台限定のうちの1台目がこのグリーンなんだそう

th_P1220375.jpg
アヴェンタドールはトミカで二度目(パトカーを入れると三度目)のレギュラートミカ化。お世辞にも出来がいいとは言えなかった初期のアヴェンタドールの名誉を挽回するかのように、今回はかなり気合の入った仕上がりとなっています。

th_P1220376.jpg
グリーンとブラックの組み合わせ。従来のアヴェンタドールトミカは車高が高すぎることも残念ポイントの一つでしたが、新しいアヴェンタドールではその点もしっかり改善されています。かなりかっこいいです。

th_P1220379.jpg
最近の定番トミカとしては珍しくヘッドライトにはクリアパーツが使用されています。ライト内部の造形が印刷で再現されているのもグッド。

th_P1220380.jpg
後ろから。迫力満点のリアビュー。リアウイングはボディ一体整形です。テールライトのパターンが印刷で再現されているのがとっても気に入りました。

th_P1220381.jpg
th_P1220382.jpg
俯瞰して。

th_P1220383.jpg
裏側。

th_P1220373.jpg
パッケージ。

th_P1220365.jpg
初回特別仕様も同時発売です。

th_P1220366.jpg
ホワイトのボディに「63」をモチーフとしたデザインが施された初回特別仕様は「SVJ63」仕様。ランボルギーニが創業した1963年にちなんだ63台限定車で、ボディ随所にカーボンパーツが使われているのが特徴だそうです。

th_P1220367.jpg
単なる色違いではなく、モデル違いとして初回特別仕様を登場させるのはなかなかニクい企画ですね。どちらも欲しくなってしまいます。

th_P1220368.jpg
th_P1220369.jpg
前後から。金型自体は通常品と同じものが使われているようです。

th_P1220370.jpg
th_P1220371.jpg
アクセントカラーのメタリックブロンズがいい仕事をしています。とってもおしゃれな1台です。

th_P1220372.jpg
裏から。

th_P1220363.jpg
パッケージ。

th_P1220384.jpg
th_P1220385.jpg
かつて販売されていたアヴェンタドールのトミカと並べて。縮尺は同じ1/68なので、相変わらず若干小ぶりな印象は受けますが、それ以外の弱点はなかり改善されたと言えるのではないでしょうか。かっこいいです。

ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ

メーカー : タカラトミー
ブランド : トミカ
識別番号 : 4904810132134/798613
スケール : 1/68
ギミック : サスペンション
入手状態 : 新品
発売年月 : 2019年11月
納車年月 : 2019年11月
標準価格 : 450円+tax
入手価格 : 450円+tax
記事分類 : 新商品レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。





Sponsored Link