Retroletra.com

パーツを組み替えて好みの色にカスタマイズ! ライノシールド CrashGuard NX for iPhone 11 pro (グラファイト × オレンジ)

tadatchi

tadatchi

th_P1230643.jpg
いつも見ているブログ「ガジェットショット」で興味深いiPhone用バンパーが紹介されているのを見つけて、私も購入してみました。「RhinoShield」というブランドの「CrashGuard NX」というバンパーです。台湾からはるばるFedexで送られてきました。


Sponsored Link



th_P1230644.jpg
3.5メートルからの落下にも耐えられる「軍規格落下標準」をクリアした耐衝撃性能と、「リム」と「ボタン」を入れ替えて(後述)自分好みにカスタマイズできることがウリのバンパーケースです。

th_P1230642.jpg
今回セレクトしたのは「グラファイト」というカラーのもの。iPhone 11 proの「ミッドナイトグリーン」にとても相性の良いカラーです。せっかくグリーンを指定して買ったので、この本体色を楽しめるバンパータイプのケースはとっても魅力的です。

th_P1230645.jpg
このバンパーは「バンパー本体」「リム」「ボタン」の3種類のパーツに分割できます。

th_P1230646.jpg
これを今回は別途購入したオレンジ色の「リム」と「ボタン」に入れ替えます。私といえばオレンジですよね。価格はリムが1つ500円、ボタンがワンセットで300円です。

th_P1230647.jpg
グラファイトバンパー × オレンジリム × オレンジボタンに組み換えたのがこちら。

th_P1230650.jpg
改めてミッドナイトグリーンのiPhone 11 proに装着してみました。先ほどのグラファイト単色とはかなり印象が変わったと思います。

th_P1230659.jpg
th_P1230651.jpg
ボタンがオレンジに。外観のとてもいいアクセントとなっています。ボタンは程よいクリック感があり、とても押しやすいです。

th_P1230655.jpg
上部はフラット。

th_P1230656.jpg
底部は大きく穴が開けられたデザインです。

th_P1230658.jpg
ストラップホール付き。

th_P1230660.jpg
飛び出しているカメラもリムがしっかり保護します。

th_P1230661.jpg
ライノシールドのロゴ入り。

th_P1230662.jpg
前面の黒いガラスとの相性もグッド。他のバンパーケースに比べると若干厚みが際立っているような印象を受けますが、慣れれば安心感につながるでしょう。頑丈さの裏返しではありますが、かなりタイトに作られているのでバンパーの脱着にコツがいるなと感じました。

th_P1230635.jpg
パッケージ。グラファイトの本体と、オレンジのリム・ボタンです。

th_P1230636.jpg
パッケージ背面。

th_P1230638.jpg
背面保護フィルムと貼り付けキットも付属します。背面の傷や汚れが心配な方には嬉しい配慮ですね。

ssconfgr.png
(公式サイトより)
ケースはAmazonで完成品を買えるほか、カラーを個別に指定して公式サイトからオーダーメイドで購入することもできます。私はよく見ないで公式サイトから注文しましたが、グラファイト×オレンジの組み合わせはAmazonからも購入できたみたいです。今回は11pro用を紹介しましたが、11pro Max用11用も用意されています。他の機種を使っている方も必見です。公式サイトには色の組み合わせをシミュレーションできるコンフィギュレータがあるので、カラバリが気になる方は是非こちらをチェックしてみてください。お気に入りのカラーコンビネーションが見つかるはずです。






Sponsored Link