Retroletra.com

【入手記録】トミカ4D 04 ホンダ NSX (カジノホワイト・パール)

tadatchi

tadatchi

th_P1250122.jpg
「トミカ4D」よりNo.04「ホンダ NSX(カジノホワイト・パール)」をご紹介。


Sponsored Link



th_P1250125.jpg
いつものトミカに「サウンド」と「振動」のギミックを追加した「トミカ4D」シリーズ。既に最新のトミカ ・プラレールカタログから姿を消してしまったブランドですが、2018年の東京おもちゃショーで大々的に発表され、「日本おもちゃ大賞2018 共有玩具部門」を受賞したタカラトミー渾身の新商品だったものです。「そもそもトミカ4Dとはどんなものか」については、以前掲載した「トミカ4D No.02 日産 GT-R メテオフレークブラックパール」の記事で詳しく書いたつもりなので、そちらをご覧下さい。

th_P1250124.jpg
さて今回入手したのは白いNSX。以前に紹介した青いNSX(ヌーベルブルー・パール)と同時にリリースされたものです。てっきり初回特別仕様のホワイトと同じ白だと勝手に思い込んでスルーしていましたが、商品名にあるようにトミカ4D版のモデルは「カジノホワイト・パール」という白色。手にとってすぐ、比較するまでもなく初回特別仕様のホワイトとは違う色だと気付きました。これはすごく綺麗なホワイトです。

th_th_PC160637.jpg
参考までに過去の記事で掲載した初回特別仕様の方の白いNSXの写真も。こちらはカタログカラーで言うところの「130Rホワイト」ですね。モデルの色が違うならトミカの色も違って当然です。初回特別仕様はソリッド系の純白、トミカ4D版はパールの細かい白色です。

th_P1250127.jpg
th_P1250128.jpg
振動やサウンドのギミックを備えながらも、基本的なつくりは通常のトミカと同じ仕上がり。プロポーションも塗装も通常のトミカと並べて違和感の全くない仕上がりとなっています。

th_P1250129.jpg
th_P1250130.jpg
俯瞰して。車内に振動やサウンドを生み出す装置が内蔵されているので、内装の再現は省略されています。

th_P1250131.jpg
裏側。

th_IMG_8942.jpg
手元にすぐ初回特別仕様が用意できなかったので、Twitterのフォロワーさんから並べた写真を提供していただきました。左が初回、右が4Dです。並べると違いがより一層分かりますね。私のように同じ色だと勘違いしてスルーしちゃっている方も少なくないのでは...? 今ならまだ探せば手に入れられます。気になっている方はお見逃しなく!
(写真提供:@WISH2ZGE2GZNE1G)

th_P1250119.jpg
th_P1250120.jpg
パッケージ。

そういえば後継商品と目された「光るよ!鳴るよ!ライト&サウンドトミカ」シリーズも新商品の話が全く出てきませんね。ブランドが浸透し始めた頃に作るのをやめてしまうのはタカラトミーのお家芸なんでしょうか。笑 発想はとても面白いシリーズだと思うので、もう少し頑張って欲しいなぁと思います。

ホンダ NSX

メーカー : タカラトミー
ブランド : トミカ4D
識別番号 : 4904810616832
スケール : 1/62
ギミック : サスペンション/サウンド/振動
入手状態 : 新品
発売年月 : 2019年1月
納車年月 : 2020年5月
標準価格 : 1600円+tax
入手価格 : 598円+tax
記事分類 : 入手記録/レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。







Sponsored Link