Retroletra.com

【新商品レビュー】ドリームトミカ No.148 ワイルド・スピード スープラ

tadatchi

tadatchi

th_P1250474.jpg
今日発売のドリームトミカの新作「No.148 ワイルド・スピード/スープラ」をご紹介。


Sponsored Link



th_P1250475.jpg
今回のトミカのモデルは映画『ワイルド・スピード』(The Fast and the Furious)第1作に登場する、主人公ブライアンの愛車。作品を象徴する印象的なクルマの1つなので、これを一目見て「ワイスピのクルマ」だと分かる人は少なくないはず。眩しいオレンジを纏ったタルガトップ仕様の80スープラです。余談ですが私と同い年の1994年式だそうです。他のブランドからはミニカーが多々出ていますが、トミカブランドからこのスープラが登場するのは初です。

th_P1250476.jpg
タルガトップ(エアロトップ)仕様なので、当然ながら完全新規金型のトミカとなります。ボディ側面に描かれた特徴的なデザインは印刷でとても綺麗に再現されています。足下にはトミカのワイドタイヤを装備しています。これはこれでトミカらしくていいけれど、ここまでしっかり作るなら実車を意識したデザインのタイヤホイールを履かせてもよかったんじゃ無いかと思ったり。

th_P1250477.jpg
正面から。ヘッドライトはクリアパーツでリアルに再現。トヨタマークもしっかりついています。ロアグリルはシルバーで彩色が施されています。

th_P1250478.jpg
後ろから。テールライトはクリアレンズをイメージしたシルバー塗りで再現。大きなウイングが存在感抜群です。そもそもの材質が異なるので仕方ないことではありますが、なんとなくウイングだけ浮いて見えてしまう気がします。ここの仕上がりは好みが分かれるかも。

th_P1250479.jpg
俯瞰して。ボンネットはお馴染みのTRD製のものを装着しています。

th_P1250480.jpg
屋根がないミニカーは車内までじっくり覗けるのがメリットですね。内装パーツももちろん新規で作られたもの。左ハンドル仕様になっています。

th_P1250481.jpg
車内の装備もしっかり再現。リアウインドウがクリアなので覗き込んで楽しむことができます。丁寧に塗り分けられているのが嬉しいポイントですね。

th_P1250482.jpg
裏側。縮尺や車名の表示はありません。

th_P1250483.jpg
サイズ感の目安としてトミカプレミアムの80スープラを並べてみました。全長はほぼ同じ。推測するに1/62スケール前後といったところでしょうか。

th_P1250472.jpg
th_P1250473.jpg
パッケージ。ナンバーは148が振られていますので、オプティマスプライムのトミカが入れ替わりで廃盤です。

th_P1250495.jpg
同時発売のGRスープラと並んで。来年いよいよ新型スープラがオレンジ色を纏ってスクリーンに登場します。今から公開が待ち遠しいですね。

トヨタ スープラ

メーカー : タカラトミー
ブランド : ドリームトミカ
識別番号 : 4904810128069
スケール : 不明
ギミック : サスペンション
入手状態 : 新品
発売年月 : 2020年5月
納車年月 : 2020年5月
標準価格 : 700円+tax
入手価格 : 700円+tax
記事分類 : 新商品レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。







Sponsored Link