Retroletra.com

【新商品レビュー】トイザらスオリジナルトミカ 日産 リーフ 東京オートサロン2018デザイン仕様

tadatchi

tadatchi

th_P1250463.jpg
今日発売のトイザらスオリジナルトミカの新作「日産 リーフ 東京オートサロン2018デザイン仕様」をご紹介。16日発売予定だったものが今日に延期されていました。


Sponsored Link



th_P1250464.jpg
名前の通り、東京オートサロン2018に出展された「日産 リーフ」がモデル。パールホワイトとブラックのツートンカラーが特徴的です......といつものように書きながら実車の情報を確認していたのですが、「東京オートサロン2018」に出展されたこのカラーリングのリーフ(LEAF Grand Touring Concept)はホワイトではなくマットシルバーのボディだったことに気付いてしまいました。東京オートサロン2018にはもう1台「LEAF NISMO Concept」というリーフのコンセプトカーが出展されており、こちらはNISMOらしいホワイトのボディなのですが、これはこれでトミカとブラック部分のデザインが異なります。君は一体だれなんだ...?

th_P1250465.jpg
商品名も「東京オートサロン2018デザイン仕様」という、なんとも微妙な言い回しをしているので「東京オートサロン2018に出展された2台を足して割ったもの」と釈明されれば、まぁそんなものかと妙に納得してしまいそうですが、なんとなく企画段階での勘違いで実車と異なったカラーがセレクトされてしまったのではないかなと勘繰ってしまいます。当然日産の監修を経て発売されているものなので、日産としてもこれでOKのジャッジだったのでしょう。手に入れたミニカーの元ネタを調べる習慣のある私にとっては、なんともモヤモヤしてしまう1台に仕上がっています。これはこれでかっこいいんですけどね。

th_P1250466.jpg
正面から。現行リーフのトミカは出来がいいので個人的にお気に入り。シャープでかっこいいですよね。ルーフからグリル部分へ繋がって見える黒い塗り分けは前述の「LEAF Grand Touring Concept」のそれと同じ。全く関係ないですが、同じく今日発売のGRスープラとなんとなく似通ったデザインですね。

th_P1250467.jpg
フロントから伸びた黒い塗り分けはリアゲートにまで続いています。エンブレムの再現、テールライトの塗りわけもバッチリ。

th_P1250468.jpg
th_P1250469.jpg
俯瞰して。

th_P1250470.jpg
後部ドア開閉ギミック。

th_P1250471.jpg
裏側。

th_P1250462.jpg
パッケージ。今回もトミカ50周年記念デザインとなっています。

日産 リーフ

メーカー : タカラトミー
ブランド : トミカ
識別番号 : 4904810143154
スケール : 1/63
ギミック : サスペンション/後部ドア開閉
入手状態 : 新品
発売年月 : 2020年5月
納車年月 : 2020年5月
標準価格 : 700円+tax
入手価格 : 700円+tax
記事分類 : 新商品レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。





Sponsored Link