Retroletra.com

【新商品レビュー】SP コアグランナーレオトミカ てれびくんVer. (てれびくん2020年6月号特別付録)

tadatchi

tadatchi

th_P1250507.jpg
4月末に発売になった児童誌「てれびくん 2020年6月号」に「本物ふろく」として同梱されていた非売品トミカ「SP コアグランナーレオトミカ (てれびくんVer. )」をご紹介します。


Sponsored Link



th_P1250508.jpg
今回ふろくとして登場したトミカは、今年4月5日より放送が始まったトミカブランドの新作アニメシリーズ「トミカ絆合体 アースグランナー」の作中に登場するコアグランナー(マシン)「コアグランナーレオ」をモデルとしたトミカ。玩具の通常品として一般に販売されている「CG01 コアグランナーレオトミカ」をベースに、デザインの変更や、仕様の簡略化を施して「てれびくんVer.」として仕上げたものがこちらになります。

th_P1250509.jpg
ラメ&クリアレッドのカラーリングが強烈な存在感を放つコアグランナーレオ。特別感のある見た目でとってもかっこいいです。車体左サイドにのみ「CORE GRANNER LEO」の文字がプリントされています。「てれびくん2020年6月号」の表紙にも大きく写真が掲載されているので、本屋さんで見かけると非常に目を引きます。表紙の写真を見てつい手に取ってしまったという人も少なくない......はず。クリアカラーやラメは、私たちを童心に返してワクワクさせてくれる魅惑の組み合わせですよね。

th_P1250510.jpg
正面から。塗り分けがしっかりしている通常品とは異なり、塗装されているのはヘッドライトのシルバーのみ。大胆な簡略化のように感じますが、通常品が1200円するトミカを雑誌の1173円の雑誌の付録にしているわけですから、当然といえば当然ですね。

th_P1250511.jpg
リアも無塗装でシンプルに。塗り分けこそないものの、造形自体はしっかりしているので、リアデザインのアグレッシブさはとてもよく伝わってきます。

th_P1250512.jpg
th_P1250513.jpg
通常品のレオトミカは、トミカそれ自体に「セリフ」「走行音」「クラクション」などのサウンドが鳴るギミックや、サウンドに連動してレオトミカの紋章が光って現れる発光ギミックが搭載されていますが、こちらも「てれびくんVer.」ではオミットされています。付属の説明書きによれば、別売の「アースブレス」または「アースハンドル」と組み合わせることでスペシャルサウンドを聞くことができるそうです。また、ガオグランナーやアースグランナーの玩具と組み合わせて遊ぶことも可能ですが、サウンドギミックは動作しません。

th_P1250514.jpg
裏側はフラット。中国製でした。シャーシにもパッケージと同じ製造年月日を示す刻印が入っています。

th_P1250515.jpg
サイズは通常のトミカとほぼ同じ。参考までに隣にGRスープラを並べてみました。

th_P1250506.jpg
説明書きが付属します。

th_P1250502.jpg
th_P1250503.jpg
th_P1250504.jpg
th_P1250505.jpg
モノクロの専用パッケージ。

コアグランナーレオトミカ

メーカー : タカラトミー
ブランド : トミカ
識別番号 : - - -
スケール : 不明
ギミック : - - -
入手状態 : 中古未使用
発売年月 : 2020年4月
納車年月 : 2020年6月
標準価格 : 1173円+tax (てれびくん価格)
入手価格 : 499円
記事分類 : 新商品レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。





Sponsored Link