Retroletra.com

【新商品レビュー】アピタ・ピアゴオリジナル 世界の国旗トミカ フェアレディZ アメリカ国旗タイプ

tadatchi

tadatchi

th_P1250550.jpg
先月発売のアピタ・ピアゴオリジナルトミカ「世界の国旗トミカ」シリーズ「フェアレディ Z アメリカ国旗タイプ」をご紹介します。


Sponsored Link



th_P1250551.jpg
2013年5月に「アメリカ国旗タイプ」を第1弾としてスタートし、今年(2020年)2月発売の「ガーナ国旗タイプ」まで約7年間もの長い間に渡って、合計43種類もの国旗柄2000GTトミカをリリースし続けた、恐怖のアピタ・ピアゴオリジナル「世界の国旗トミカ」シリーズ。前回の「ガーナ国旗タイプ」が「シリーズ最終回」と発表され、第1弾リリースから終わりの見えない戦いを7年間も続けた私たちコレクターはやっと胸を撫で下ろすことができました。しかし、私たちはアピタトミカの担当者を舐めていたのかもしれません、安堵したのも束の間、ガーナ2000GTの次(=今回)からは、車種を「フェアレディZ」に変更して「アメリカ国旗」をモチーフとした「世界の国旗トミカ」シリーズを再スタートすると発表し、大勢のトミカファンを動揺させました。

th_P1250552.jpg
「アメリカ国旗」といえば、2000GTをベースとした「世界の国旗トミカ」第1弾にも採用されたもの。原点回帰であり、新しい国旗トミカの歴史のスタートであることを象徴しているかのようなセレクトです。「まだまだ国旗シリーズは終わらないぞ」というメッセージが恐ろしいほどヒシヒシと伝わってくるような気がします。(笑) ちなみに2017年3月に「アメリカ国旗タイプII」も登場しているので、アピタの国旗トミカシリーズとしては通算3回目の「アメリカ国旗タイプ」となります。この調子だと来年の元日に出るのは「フェアレディZ 日本国旗タイプ」なんでしょうね。

th_P1250556.jpg
正面から。2009年にトミカ40周年を記念して興された復刻(リメイク)版の「フェアレディ Z432」のトミカがベース。白いボディに星条旗が描かれた、とても分かりやすいデザインに仕上がっています。側面に通番でゼッケン番号が描かれるレーシングカー風のデザインは、前回までの2000GTのスタイルを踏襲しています。基本的にはベースの車種が変わって同じシリーズが続いていると認識しておけばいいでしょう。

th_P1250555.jpg
後ろから見ると紅白のシマシマ模様がオシャレ。テールライトは赤色に彩色されています。2000GTは前後ともライトがクリアパーツで再現されていたので、金型の都合ではありますが、なんとなくコストダウンしたような印象を受けてしまいますね。

th_P1250557.jpg
th_P1250558.jpg
俯瞰して。今回はボディに国名が文字で書かれていません。ここ最近の国旗トミカは車体に国名が書かれていたので、7年もやっててまだデザインのルールが統一されていないのかなと心配になってしまいます。書くなら書く、書かないなら書かないで、どうせ長く続けるならシリーズ全体での統一感をだしてほしいです。

th_P1250559.jpg
左右ドア開閉ギミック。

th_P1250562.jpg
今回のベースは新しい金型なので内装もしっかり作られています。

th_P1250560.jpg
裏側。2009,No.6の刻印入り。製造年月を表すと思われる「C20」のプリントも施されています。

th_P1250564.jpg
前回(2000GTシリーズラスト)のガーナ国旗タイプと一緒に。1つの長い歴史が終わり、新たな長い歴史が始まります。私たちクルマ好きにとっては全く別物だと分かりますが、一般的にいうとどちらも似たような形のクルマな気がします。買い与える親の目線を考えると、もっと全然違う車種に変えちゃった方が面白かったのかなと思ったり。まぁ7年前のアメリカ国旗を親に買い与えられていた子どもたちはもうとっくにトミカを卒業しているか、自分のお金で買うようになっているでしょうから、長い時間をかけて歴史が繰り返されるモデルサイクルであれば大した問題ではないのかもしれませんね。

th_P1250563.jpg
2000GT終了で一区切りついたので、これを機に集めるのをやめようかなとも思いましたが、なんと2000GTのラストである「40」から継続して連番となる「41」のゼッケン番号が車体に描かれています。これじゃあ止めるに止められないじゃないか! と嘆いているのが私です。こりゃメーカーの思う壺ですね。

th_P1250549.jpg
パッケージ。トミカ50周年記念デザインです。

次の国旗トミカは2020年7月発売で「イギリス国旗タイプ」だそうです。もちろん車種は引き続き「フェアレディZ」です。いまゼッケン番号の話をしたばかりですが、現時点でトミカ公式ホームページで公開されている商品画像を見る限りは車体にゼッケン番号がプリントされていないようです。えっ、第2弾でさっそくデザインの統一感なしになっちゃうんでしょうか......。このまま追い続けるか、沼にハマる前に手を引くか、正直とても悩んでいます。皆さんはどうされますか? もしこれが2000GTのように長く続くなら、7年後は2027年。どんな未来が待っているのでしょうか。鬼が笑い転げますね。

日産 フェアレディZ

メーカー : タカラトミー
ブランド : トミカ
識別番号 : 4904810143185
スケール : 1/60
ギミック : サスペンション/左右ドア開閉
入手状態 : 中古未使用
発売年月 : 2020年5月
納車年月 : 2020年6月
標準価格 : 700円+tax
入手価格 : 700円+tax
記事分類 : 新商品レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。
※ブログ会計処理上メモ : 撮影個体と入手データは別個体です。





Sponsored Link