Retroletra.com

【入手記録】エブロ 1/43 ホンダ インテグラ Type R

tadatchi

tadatchi

th_P1260020_2020070722552666c.jpg
メルカリを巡回していたらたまたま見つけた1/43スケールのホンダ インテグラ Type Rのミニカー。白いインテグラに乗っている友達に売り付けてやろうかと企んでとりあえず購入したものが、本日手元に届いたので簡単にご紹介します。友人が欲しがったらいずれお嫁に行くと思います。


Sponsored Link



th_P1260021_20200707225527a50.jpg
「DC5」と呼ばれる4代目インテグラ。前後のライトが涙目デザインの前期型です。ボディカラーは「タイプR」を象徴する「チャンピオンシップホワイト」がモデルになっています。DC5は2007年で生産が終了され、後継モデルは登場していませんが、未だに前後期とも根強い人気があるホンダを代表するスポーツカーの1つと言えるクルマだと思います。個人的にも友人が白いインテグラに乗っているということで強い親しみを感じています。

th_P1260022_20200707225528c24.jpg
今回入手したミニカーは本体に目立った難はないものの、外箱が欠品している(クリアカバーはある)状態で入手した中古品なので、正直なところこのミニカーについての詳しい情報をあまり持ち合わせていないのですが、Twitterで頂いた情報と必死のGoogle検索の結果から「エブロ」ブランドのミニカーではないかと思われます。どうやらホンダオリジナルグッズである「Honda Collection」ブランドで売られたものと、通常のエブロブランドから売られたものの2種類が存在するようですが、今回は外箱が欠品しているので残念ながらそこまでの特定には至ることができませんでした。 2020/07/08追記: 「エブロ版は台座に「1 of 3000」と書かれているはずなので、書かれていないならホンダ版のはず」という情報をTwitterのフォロワーさんからいただきました。(スペシャルサンクス: @pumi306)

th_P1260025_20200707225530895.jpg
正面から。前期型インテグラの外観上の最大の特徴である涙目のヘッドライトはクリアパーツを上手に使ってリアルに再現されています。さりげなくウインカーまで表現されている点に細部へのこだわりを感じます。グリル中央には「タイプR」の象徴である赤いホンダマークが輝いています。ナンバープレート部分に車名のロゴがプリントされているのも素敵ですね。

th_P1260026_20200707225531969.jpg
後ろから。もちろんテールライトもクリアパーツで再現。部分ごとにしっかり色分けされているのがグッド。ハイマウントストップランプの再現も忘れずにしっかり施されています。リアにも赤いホンダエンブレムがつき、加えて「TYPE R」を示すグレード名のエンブレムも装着されています。派手すぎないリアウイングも上品なデザインで素敵ですね。

th_P1260027_20200707225533200.jpg
th_P1260028_20200707225534aa7.jpg
俯瞰して。写真だとイマイチ伝えにくいですが、車内のシートは赤色で塗装されています。装着されている真っ白のホイールもお洒落です。DC5インテグラは知名度や人気のわりにミニカーの数がそう多くないと思うので、これはなかなか貴重なコレクションになりました。さてさて売りつける譲り渡すつもりの友人は喜んでくれるかな?写真を見せた反応が楽しみです。

ホンダ インテグラ Type R

メーカー : エムエヌピー
ブランド : エブロ
識別番号 : 不明
スケール : 1/43
ギミック : - - -
入手状態 : 中古
発売年月 : 2001年頃?
納車年月 : 2020年7月
標準価格 : 不明
入手価格 : 2500円
記事分類 : 入手記録/レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。





Sponsored Link