Retroletra.com

【入手記録】モータートミカ A-19 トヨタ アルテッツァ

tadatchi

tadatchi

th_P1260127.jpg
子どもの時にトミカ&プラレールのVHSやカタログで見かけて、ずっと欲しいと指をしゃぶりながら眺めていながら、結局買ってもらうチャンスがなくて手に入れられないままでいた「モータートミカ」の「トヨタ アルテッツァ」をついに手に入れたのでご紹介。


Sponsored Link



th_P1260128.jpg
ご存知の方が多いかとは思いますが「モータートミカ」は1993年に登場した「B/Oトミカ」を前身とするトミカの派生シリーズの一つで、名前の通りモーターを搭載し、単5乾電池を使って電動で専用コースを走らせて楽しむことができるトミカです。同じくモーターでレールの上を走りまわるプラレールとも相性のいいシリーズで、プラレールとモータートミカがセットになったシリーズも発売されていたと記憶しています。2000年代はじめ(詳細時期不明)にはシリーズが終了し、のちに「プラロード」として類似のコンセプトのシリーズが2004年頃に短期間だけ発売されていますが、現在では後継モデルもなく、トミカファンの思い出の一つとして語り継がれています。

th_P1260129.jpg
モータートミカ(以下B/Oトミカを含んで論ずる)シリーズの魅力はモーターで自走することが勿論なのですが、それに加え、通常トミカには登場しなかったモータートミカ専用車種が多数ラインナップされたことも大きな魅力でした。たとえば初代ハリアーとか、タウンエースノアとか、ランドクルーザープラドとかビークロスとか...。とにかくたくさん。今回入手したアルテッツァも、モータートミカでしか手に入らない車種の一つで、当時実家の近所に停まっていたクルマということもあって、当時の私が一番欲しいモータートミカでした。それがついに長い時を経て私の手元にやってきてくれました。これには興奮を禁じ得ません。

th_P1260130.jpg
正面から。デフォルメは当時のトミカのクオリティを加味しても若干ユル目な印象がありますが、これはこれで味があってイイというものなのではないでしょうか。当時のクルマとしてはとても先進的に見えた吊り目ヘッドライトは銀メッキのパーツで再現。最近のトミカはライトにメッキパーツを使うことが殆どなくなってしまったので、ここをみるだけで年代物のトミカなんだなぁと感じるとることができますね。通常トミカより割高なシリーズだったからか、グリル類もしっかり彩色されていて、フロントマスクの再現はとてもよくできています。

th_P1260131.jpg
後ろから。大きなリアウイングをつけたスポーティなスタイルで登場。ウイングが抜けていないのはミニカーとしては残念ですが、このモータートミカが発売された年代を考えれば決して不自然な造形とは言えません。ウイングがついているだけで十分カッコいいと思います。これまた当時先進的に見えたクリアパーツを組み合わせた丸4灯テールもシルバー塗装で再現。シルバーの三角形の中にちゃんと丸いランプが再現されているのが素晴らしいです。リアバンパーにはシャーシを嵌め込むための穴があります(黒い部分)。当時のトミカではこういう作りのもの結構多かったですよね。

th_P1260132.jpg
th_P1260133.jpg
俯瞰して。中に乾電池とモーターを積んでいる都合で内装の再現はありませんが、窓は全てクリアで再現。リアルな雰囲気がでています。

th_P1260135.jpg
ホイールはトミカらしさを守りつつも、モータートミカ専用デザインのものになっています。

th_P1260136.jpg
裏側。中古品で手に入れたので正直状態にはあまり期待していなかったのですが、ここまでの写真でおわかりいただけた通り通りボディに目立つ傷は1つもなく、リアタイヤ部分にハメ込まれた注意書きのシールまで残った状態で手元にやってきました。こんなに綺麗な状態のものが手に入る日がくると思っていなかったので感動です。過去に見かけてきた中途半端な状態の中古品に手を出さないで我慢していて正解でした。

th_P1260134.jpg
注意書きはタイヤに挟まっているだけなので取り外してみました。シャーシの全景はこんな感じ。リアタイヤの間にモーターON/OFFを切り替えるスイッチがついています。今では見かけない「MOTOR TOMICA」の刻印入り。ナンバーや車名はプリントなのでひょっとすると他車種とシャーシの共用があったのかもしれませんね。

th_P1260121.jpg
懐かしいデザインのパッケージ。赤い「TOMY」ロゴや「トミカプラレールワールド」のロゴに思わず涙を流してしまう大きいお友達もいるはず。中身が覗ける窓つきのパッケージとなっていました。

th_P1260122.jpg
今となっては珍しいものなのでいろんな角度から撮ってもおきます。

th_P1260123.jpg
パッケージ上部にはZ32の写真を用いたモータートミカ の説明が描かれています。ここは使い回しだったんですね。

th_P1260125.jpg
箱の中ではブリスターで固定されています。

th_P1260124.jpg
懐かしい「株式会社トミー」の響き。MADE IN CHINAとなっています。

ずっと探していたものがついに手に入って大満足。実を言うとアルテッツァのモータートミカには他にもカラバリがありますが、深追いすると泥沼にハマるのが目に見えているので一旦これで満足とします。欲を言えばハリアーとかビークロスも欲しい......。またいつか素敵な縁があることを願って気長に待っていようと思います。ここまで完璧な状態で保存していくれていた(きっとコレクターだろう)前オーナーの方にも感謝です。

トヨタ アルテッツァ

メーカー : トミー
ブランド : モータートミカ
識別番号 : 4904810562184
スケール : 不明
ギミック : モーター走行
入手状態 : 中古
発売年月 : 1999年?
納車年月 : 2020年7月
標準価格 : 980円+tax
入手価格 : 4444円
記事分類 : 入手記録/レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。





Sponsored Link