Retroletra.com

【新商品レビュー】MINI GT LB☆WORKS ランボルギーニ ウラカン GT Rosso Mars (右ハンドル)

tadatchi

tadatchi

th_P1250959.jpg
お手頃な価格帯と、納得のいくクオリティと魅力的な車種セレクトで最近密かに注目している「MINI GT」ブランドの新作から「LB☆WORKS ランボルギーニ ウラカン GT Rosso Mars」をご紹介。パッケージのイラストを見て一目惚れしてしまいました。


Sponsored Link



th_P1250958.jpg
今回入手したのは「LB☆WORKS」の迫力満点な、ワイドボディなフルエアロでガチガチに固められた「ランボルギーニ ウラカン」の1/64スケールミニカー。ボディカラー名の「Rosso Mars」は直訳すると「火星赤」だそうです。話がそれますが、そういえば「光るよ!鳴るよ!ライト&サウンドトミカ」の「ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ」の赤色もパッケージにわざわざ「ROSSO Mars」と書いてありましたね。カラー名を正式名で表記するのはランボルギーニのライセンス上の決まりだったりするんですかね。

th_P1250960.jpg
地面スレスレの徹底的に落とされた車高がカッコいいサイドビュー。この手のカスタムを施すなら車高は徹底的に落としたいですよね。背の低いボディに組み合わされた、大きなタイヤ&ホイールは迫力満点ですね。特徴的な形状のリアウイングも迫力満点。コレはいかにも効果がありそうなデザインですね。細部の各種ロゴステッカーも細かく印刷で再現されているのがグッド。細かいところまでとってもよくできています。

th_P1250961_20200712000329fdf.jpg
正面から。ヘッドライトはクリアパーツで再現。この写真では伝わりにくいかもしれませんが、ウラカンのヘッドライトの特徴でもある、W字状のラインもしっかり再現されています。グリル類の塗装もバッチリ。フロント中央ではランボルギーニのエンブレムが誇らしげに輝いています。MINI GTはそもそも大人向けのシリーズなので、わざわざ書くことでもない気がしますが、細い部品でサイドミラーがしっかりと再現されているので、手に取った時にうっかり折ってしまわないように注意が必要です。

th_P1250962.jpg
後ろから。テールライトもクリアパーツで再現。L字のランプがクリアパーツの上から塗装で再現されている芸の細かさには感心しました。リアにデカデカと取り付けられたリアウイングは迫力満点でかっこいい。ランボルギーニのエンブレムのほか、リアナンバープレート部分には「LB☆PERFORMANCE」のロゴも描かれています。そしてなにより、真っ赤なボディから飛び出す、鮮やかな青色のマフラーがとってもカッコいい。クルマの美しさはやっぱりお尻で決まりますね。

th_P1250963.jpg
th_P1250964.jpg
俯瞰して。真っ赤なボディと対照的に、ピラーやルーフはマットなグレーでビシッと引き締められています。洒落たツートンカラーですね。フロントガラスにも「LB☆PERFORMANCE」ロゴのハチマキがついて特別感が演出されています。MINI GTからは「右ハンドル仕様」と「左ハンドル」仕様が同時にリリースされていますが、個人的には正直どっちでもよかったので、買った時に店頭で残り在庫が少なかった「右ハンドル仕様」をチョイス。「リバティウォーク」自体が日本発のカスタマイズブランドですから、日本仕様のウラカンをカスタムしていると思った方が自然かなとも。イタリア車としては「左ハンドル」がデフォルトらしいので「どちらが適切か」などとは深く考えずに、自分の直感と好みに従って選べばいいでしょう。

th_P1250965.jpg
青いマフラーがカッコいいリアビューを接写で。

th_P1250969_20200712000703130.jpg
真っ黒なので目立ちませんが、たくさんのスポークが生えた、複雑な形状をしたカッコいいホイールを装着しています。

th_P1250971.jpg
裏側はシンプル。

th_P1250955.jpg
th_P1250956.jpg
パッケージ。この箱絵がかっこいいですよね。この箱絵に惚れて購入を決めました。ランボルギーニのライセンスシールは箱の背面に貼られています。

ランボルギーニ ウラカン GT

メーカー : TSM MODEL
ブランド : MINI GT
識別番号 : 4895183686822
スケール : 1/64
ギミック : - - -
入手状態 : 新品
発売年月 : 2020年6月
納車年月 : 2020年7月
標準価格 : 1600円+tax
入手価格 : 1600円+tax
記事分類 : 新商品レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。





Sponsored Link