Retroletra.com

【入手記録】ビークルトイシリーズ スズキ ジムニー (キネティックイエロー/ブラック)

tadatchi

tadatchi

th_P1260265.jpg
ゲームセンターなどでよく見かけるアミューズ景品向けミニカーシリーズ「ビークルトイシリーズ」から「スズキ ジムニー」をご紹介。トミカの偽物みたいな白と赤の箱に入ったあのシリーズです。読者の方から「中身の写真が殆ど出回っていないので、是非レトロレトラでレビューして欲しい」旨のリクエストを受けまして、普段すべてのリクエストを受けるわけではないのですが、個人的にも気になっていた1台だったので丁度いい機会かと思って人柱になって入手してみました。


Sponsored Link



th_P1260266.jpg
カラーは複数種類存在するようですが、今回は私の好みの色であって、新型ジムニーらしいカラーでもある「キネティックイエロー/ブラック」のツートンカラーのモデルをセレクト。ジムニーといえばやっぱりこの色ですよね。ちなみに箱から出して手に取ってみた第一印象は「結構デカいな」でした。これまでトイズキャビン版とか、アオシマ版とか、トミカとかを先に手に取ってきていますが、それらに比べると若干大柄な印象を受けました。他のブランドのジムニーのミニカーが小さいと感じていた方には丁度いいサイズ感なんじゃないかなぁと思います。

th_P1260267.jpg
プラスチック製のミニカーなので、当然トミカなどに比べるとミニカーとしての重厚感は劣ります。また、内装の再現はなく、窓はすべて黒色でベタ塗りなので、ここは好みが分かれるポイントでしょう。プラ製で内装がない分、外装のディティールにはしっかり拘っているのが「ビークルトイシリーズ」に共通するポイントの一つだと思うので、飾って楽しむのにも走らせて楽しむにも十分すぎるアイテムだと思います。サイドビューで言えば、例えば側面のウインカーが再現されているのが小さいながら嬉しいポイント。これはトミカでは省略されているポイントの1つでもあります。アミューズ向けのミニカーなのでローコストで作られてそうに思えますが、足元にはしっかりジムニー専用の純正ホイールが装着されています。

th_P1260268.jpg
正面から。ヘッドライトは豪華にクリアパーツで再現。クリアパーツの奥に塗装が施されていないので、ボディカラーによってライトの見た目の印象がガラッと変わりそうです。今回の黄色いジムニーだとライトが若干ながら黄色味がかってしまいせっかくのクリアパーツの透明感が失われてしまっているかなぁという印象。これはビークルトイシリーズ共通の問題でもあるので今回のジムニーに限った話ではありません。このシリーズを続けていくなら、ライト周りの塗装の仕方にもう一工夫あるともっと良くなるんじゃないかなと今後の改良に期待しています。 ライトの上のウインカーやフォグライトもしっかり塗られているのはグッド。ナンバープレート部分には車名ロゴが描かれています。グリル中央のスズキマークも忘れずに再現。

th_P1260269.jpg
後ろから。スペアタイヤを背負ったリアビューは昔ながらのクロカン感を演出するためにはとてもいいデザインですよね。リアの塗り分けも非常に細かいのが好印象で、ハイマウントストップランプが塗られているし、リアコンビネーションランプのウインカー部分は塗り分けられているし、後部ドアのヒンジ部分までしっかり塗り分けていますし、社名と車名のエンブレムもしっかり見ることができます。個人的にこの世代のジムニーのミニカーを作るにあたって、しっかり再現して欲しいなと思うポイントはすべてクリアしているかなという印象です。

th_P1260270.jpg
th_P1260271.jpg
俯瞰して。黒いルーフと眩しい黄色のツートンカラーがとても相性抜群ですね。モノトーンカラーの方が基本的には好きなんですが、この組み合わせなら私としてもアリかも。ちなみにビークルトイシリーズはサイドミラーも再現されています。

th_P1260274.jpg
裏側。ブレイクの社名がしっかり記されています。見ての通りプルバックエンジンを搭載しているので、一度後ろに引っ張ってから手を離すと勢いよく走り出します。

th_P1260273.jpg
サイズ感の目安にジムニーのトミカと並べようかなと思ったのですが、ジムニーさんはお出かけ中だったので代理で近くにあったGRスープラに並んでもらいました。トミカと混ぜて遊んでもサイズ感でそんなに違和感はないでしょう。

th_P1260261.jpg
th_P1260262.jpg
パッケージ。

スズキ ジムニー

メーカー : ブレイク
ブランド : ビークルトイシリーズ
識別番号 : - - -
スケール : 不明
ギミック : プルバック走行
入手状態 : 中古
発売年月 : 不明
納車年月 : 2020年7月
標準価格 : 景品のため不定
入手価格 : 999円
記事分類 : 入手記録/レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。





Sponsored Link