Retroletra.com

【入手記録】京商 1/64 マツダ ロードスター 30th アニバーサリー エディション 2台セット

tadatchi

tadatchi

th_P1260220.jpg
「マツダ ロードスター」が1989年のデビューから30周年を迎えることを記念して、「マツダ ロードスター 30th Anniversary Edition」という特別仕様車が世界限定3000台限りで昨年4月に発表されました。日本国内には「ソフトトップ」仕様と「RF」仕様をあわせて150台しか存在しないという、とっても貴重なロードスターが京商から1/64スケールでミニカー化されているのでご紹介します。ミニカーの発売自体は昨年9月頃で、オレンジ色好きとしてずっと気になる存在であったものの、なかなか手に取るきっかけがなかったので今更のゲットとなりました。

今回の記事は変則的にパッケージの写真から始めてみます。パッケージは白と黒を基調としたシンプルなデザイン。今回のアイテムは「ソフトトップ仕様」と「RF仕様」の2台セットとなっているので30周年記念の専用色であるオレンジ色を纏った2台のロードスターの写真が横に並んで配置されています。ロードスター30周年記念のシンボルマークも描かれているのが素敵ですね。


Sponsored Link



th_P1260221.jpg
パッケージ背面もモノトーンで統一されています。もちろんマツダのライセンス表記入りです。

th_P1260222.jpg
白黒の外箱を開けると、中から2つの黒い箱が出てきます。京商のミニカーがコンビニに並んでいた頃を思い出す、あの懐かしいお馴染みのサイズの箱です。外箱に描かれているように見えていた2台のロードスターの写真は、外箱についた窓を通じて中の小箱のパッケージの写真を見せていたんですね。

th_P1260224.jpg
外箱とは対照的に黒基調でシックにまとめられたパッケージ。30周年記念ロードスターの専用色である「レーシングオレンジ」がとっても映えるデザインになっています。ぱっと見はそっくりですが、左がソフトトップ仕様、右がRF仕様のパッケージです。

th_P1260225.jpg
パッケージ背面。これまたそっくりですが、同じデザインで統一しつつ中身のミニカーに合わせて作り分けられています。

th_P1260226.jpg
それぞれの箱を開けるとミニカーとご対面。黒い厚紙の底敷きと、透明のブリスターの蓋で梱包されています。サンクスで京商のミニカーが買えた時代のそれと変わらない姿でした。

th_P1260227.jpg
お馴染みの実車解説カードも付属します。黒い面はそれぞれ別々のデザイン。

th_P1260229.jpg
背面は共通デザインになっています。

th_P1260232.jpg
車名入りの専用台座に固定されています。まずこちらが「MAZDA ROADSTER 30th Anniversary Edition」です。標準ボディのロードスターですね。

th_P1260231.jpg
そしてこちらが「ファストバック」仕様の「MAZDA ROADSTER RF 30th Anniversary Edition」です。どちらも車名がボディカラーに合わせてオレンジ色で書かれているのがとっても粋ですね。

th_P1260234.jpg
記事のアイキャッチ用に2台並べて撮影したのがこちら。


th_P1260235.jpg
ではまずソフトトップ仕様のロードスターからご紹介。前述の通り3000台限定の特別カラー「レーシングオレンジ」を纏っての登場です。朝焼けをイメージさせる鮮やかなソリッドオレンジがとても印象的です。

th_P1260236.jpg
3000台のうち日本市場には110台だけが割り当てられたという30周年記念のロードスター。京商のミニカーではルーフをオープンした状態を再現。開閉ギミックやトミカのような脱着ギミックは備わっていないので、ミニカーではそれを再現できませんが、クローズ時はソフトトップ仕様のルーフが天を覆います。

th_P1260237.jpg
オープンカーのミニカーは真横から眺めたときの開放感がたまりませんね。オープン状態のNDロードスターのシルエットはとっても美しい。オレンジのボディに組み合わされているのはダークガンメタリック塗装のRAYS製アルミホイールです。オレンジとブラックのコントラストがとっても美しい。うっかり撮り忘れてしまったのですが、この反対側である車体右側面のリアフェンダー付近にシリアルナンバー入りの専用オーナメントが装着されています。「xxxx/3000」といった形で1台ずつシリアルナンバーが振られているそうです。

th_P1260238.jpg
正面から。ロードスターの京商製ミニカーを手に取るのはこれが初めてですが、期待以上に出来がいいなと感心しました。ヘッドライトのクリアパーツの質感もいい感じ。パーツを固定している部分がちょうど実車のヘッドライトのプロジェクターに見えるのがグッドです。もちろんグリルの塗装やフロントに装着されたマツダエンブレムの再現もぬかりありません。

th_P1260239.jpg
後ろから。しっかり塗り分けられたクリアパーツ製のリアコンビネーションランプの再現もいい感じ。特に深い理由はないのですがハイマウントストップランプがしっかり再現されていると個人的に評価点が上がります。細かくて読み取りづらいですが、車名エンブレムやスカイアクティブエンブレムもしっかり再現されています。

th_P1260240.jpg
th_P1260241.jpg
俯瞰して。

th_P1260242.jpg
オープン状態なので内装もじっくり覗き込んで楽しめます。マツダ車の内装は一目見るだけでマツダ車だとわかりますね。内装の造形もバッチリ文句なしです。実車では内装にもオレンジ色を使った特別装備があるそうなので、それが一箇所だけでも再現されていたらもっと素敵でした。

th_P1260243.jpg
タイヤ&ホイール。ダークガンメタリック塗装とのことですが、ミニカーで見る分にはブラックと違いがわからないかも。ホイールの奥を覗くとオレンジ色に塗装されたブレーキキャリパーが装着されているそうですが、流石にそこまでは再現されていませんでした。1/64では流石に厳しかったかな。再現できていたらとても映えたと思うので、ちょっぴり残念。

th_P1260244.jpg
続いてRFをご紹介。屋根がメカメカしいギミックで開閉するタイプのロードスターです。ボディカラーはソフトトップ仕様同様に30周年記念専用色の「レーシングオレンジ」です。日本向けに割り当てられた台数はわずか40台だとか。街中で見かけたらあまりの希少さに絶叫してしまいそう。実車を手に入れた方は本当に幸運ですね。余談ですがRFのボディタイプは「タルガトップ」ではなくて「ファストバック」というんだそうです。違いは後ほど勉強することにします。

th_P1260245.jpg
RFはソフトトップ仕様とは対照的に、ルーフがクローズになった状態でミニカー化されています。せっかくだからオープン状態も見てみたかった気もしますが、オープンになっているRFのミニカーは他社からもリリースされているので、今回は素直にクローズ状態を楽しみましょう。RFも右側面のリアフェンダー付近にシリアルナンバー入りの記念オーナメントがついています。

th_P1260248.jpg
横から。RFの特徴的なシルエットがソフトトップ仕様のロードスターとはまた違った印象を与えてくれますね。ソフトトップも王道でかっこいいけど、個性的なRFもかっこいい。予算に限りがなければどちらを買おうかずっと悩んでしまいそうです。ピラーがボディ同色で塗装されているのもRFの特徴です。たしかにソフトトップ仕様の方はピラーがブラックでしたね。ホイールもソフトトップ仕様と共通でダークガンメタリック塗装のRAY製造アルミです。

th_P1260249.jpg
正面から。基本的な顔立ちはソフトトップ仕様と同じ。ピラーやルーフがボディ同色になっているのがこの角度での唯一の識別点かな?

th_P1260250.jpg
後ろから。後ろ姿はソフトトップ仕様と大きく異なりますね。ボディ同色の部分が多く、リアウインドウまでついているので、完全に別のクルマとして作り分けられているのがわかります。こちらも車名エンブレムやスカイアクティブエンブレムは忘れずに再現。

th_P1260252.jpg
th_P1260253.jpg
俯瞰して。ルーフはブラック塗装です。オレンジとブラックのツートンカラーがとても洒落ています。

th_P1260254.jpg
タイヤ&ホイール。こちらもソフトトップ仕様と同じもの。当然ながらこちらもブレーキキャリパーのオレンジ塗装はありませんでした。


th_P1260255.jpg
th_P1260256.jpg
2台セット商品ですので、最後に2台を並べて記念撮影。

th_P1260257.jpg
th_P1260259.jpg
あなたはどちらがお好みでしょうか。

今回は30周年記念の「レーシングオレンジ」のロードスター/ロードスターRFをご紹介しましたが、ソフトトップ仕様・RF仕様ともに京商1/64シリーズから他のカラーの単品もリリースされているようですので、ロードスターのミニカーに興味を持った方はそちらも合わせてチェックしてみてください。

マツダ ロードスター/ロードスターRF

メーカー : 京商
ブランド : マツダ ロードスター 30thアニバーサリーエディション 2台セット
識別番号 : 4548565325795
スケール : 1/64
ギミック : - - -
入手状態 : 新品
発売年月 : 2019年9月
納車年月 : 2020年7月
標準価格 : 3200円+tax
入手価格 : いただきもの
記事分類 : 入手記録/レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。







Sponsored Link