Retroletra.com

【入手記録】ホットウィール ホンダレーサー (ホンダ70thアニバーサリー)

tadatchi

tadatchi

th_P1260545.jpg
2018年7月に登場したホットウィール「ホンダ70thアニバーサリー」から「ホンダレーサー」をご紹介します。以前に紹介した赤いS2000と同じアソートで登場したものです。


Sponsored Link



th_P1260546.jpg
ホンダ車のみで構成された全8種のラインナップの中に紛れ込んで登場した「ホンダレーサー」というこのクルマ。パッと見はホットウィールお得意のいわゆる「謎車」なデザインのクルマですが、車名にわざわざ「ホンダ」の名前が入り、車体にもホンダのロゴが描かれている不思議な立ち位置の存在。謎すぎて見事に売れ残り続け、可哀想なくらいディスカウントされていたので連れて帰ってきてあげました。

th_P1260547.jpg
なんだこれと調べてみると、2008年のホットウィール40周年を記念して「実在の自動車メーカーにホットウィールのためにクルマをデザインしてもらう」という企画があったそうで、そこでホンダのデザイナーが作ったのが、この「ホンダレーサー」というクルマなんだそうです。つまるところ、ホンダ印のホンダ公認のホンダの謎車というわけ。なかなか面白い経緯のミニカーですね。HWファンの方の中では有名なようで、これ以外にもいくつかカラバリが存在しているそうです。

th_P1260548.jpg
ホンダらしくF1カーをモチーフにしているようですが、全体的にHW流の過激なアレンジが施されている印象です。人気の高い実車だらけのラインナップ中の異端児だったので、これだけが売れ残り続けてしまうのも納得がいきます。前述の「S2000とどっちを選ぶ?」と聞かれたら多くの人はS2000を選んでしまうんじゃないかなぁ。

th_P1260549.jpg
後ろから。前後異径タイヤを装着したデザインも特徴的。リアの方がフロントより圧倒的に大きいタイヤを装着しています。架空のレーシングカーとして、とんでもないパワーを発揮してくれそうなエンジン類は銀色のパーツで豪華に表現。この辺りのデザインの処理に「ホットウィールらしさ」と「謎車感」を強く感じます。

th_P1260550.jpg
th_P1260551.jpg
俯瞰して。赤単色で塗られているのでわかりにくいですが、このホンダレーサーは2人乗り。左右に2人のドライバーが着席しています。WRCのように、ハンドルを動かす人と、運転をアシストする人(コ・ドライバー)みたいに役割分担をしてレースに参加するイメージなんでしょうかね。ホンダロゴがしっかりプリントされているのもグッドです。

th_P1260552.jpg
裏側。シャーシにはしっかり車名も刻まれています。

th_P1260544.jpg
パッケージ。あえて値札は貼ったままにしておきました。笑

ホンダ ホンダレーサー

メーカー : マテル
ブランド : ホットウィール
識別番号 : 887961545180
スケール : - - -
ギミック : - - -
入手状態 : 新品
発売年月 : 2018年7月
納車年月 : 2020年7月
標準価格 : 不明
入手価格 : 100円
記事分類 : 入手記録/レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。
参考情報元: 『HONDA 70thアソートが6月発売予定!8種ラインナップのおさらい』 - ホットウィールにわかマニア
スペシャルサンクス : @fatechallenger1





Sponsored Link