Retroletra.com

【新商品レビュー】ホットウィール クロック・ロッド

tadatchi

tadatchi

th_P1260860.jpg
気づけばもう8月に突入。時が経つのは早いものですね。8月は初日からHWの発売日ということで、朝早くから目を覚まして(ただの睡眠障害)新商品ゲットに備えていました。今月の目玉アイテムとなるであろうプレリュード2000GTは一足お先に手に入れていたので、この誰も興味を示さないであろう架空車「CROC ROD」を一番のお目当てにしていたのですが、なんと1店舗目のイオンでゲットならず、急遽トイザらスへハシゴして並んでなんとかゲットしてきました。1店舗目の入荷分にそもそも入っていなかったのか、同じ趣味のライバルがいたのかよくわかりませんが、2店舗目のトイザらスでも1台しか姿を見ることができなかったので、ひょっとすると地味にレアアイテムだったのかも...?とにかく手に入って良かった。 ということで、読者の皆さん的にも正直あまり需要はなさそうですが、今月のHWの収穫の中から真っ先にこちらをご紹介します。


Sponsored Link



th_P1260861.jpg
今回私のハートを射抜いたホットウィールの名前は「CROC ROD」という架空車。見てわかる通り(?)ワニをモチーフとしたマシンです。名前の「CROC」はワニを意味する英単語「crocodile」を由来としていると思われます。「ROD」は辞書的には「棒」とかそんな感じの和訳になるんですが、これは一体どう訳せば自然なんでしょうか。英語は難しい。

th_P1260862.jpg
先月には恐竜をモチーフにした架空車が登場していますし、過去にはサメをモチーフにしたHWも登場していますね。HWを買い始めた頃は実車以外には全く興味がなかった私ですが、長く通っているうちに段々とHW特有の遊び心に満ちたモデルたちにも魅了されるようになってきました。沼にどんどん沈んでいくようです。

th_P1260865.jpg
th_P1260866.jpg
上から見た方がワニ感が伝わるので、いつもと写真の順番を逆にして俯瞰した写真を先に。見てそのまま「エンジンとタイヤがついたワニ」といった感じ。なんでこんなミニカーが思いつくのだろうとHWデザイナーさんのセンスには感服してしまいます。銀メッキパーツで表現されたワニの瞳が怖さを増強させていますね。キモ可愛いって感じでしょうか。

th_P1260863.jpg
正面から。ワニの色に合わせて選ばれたであろう黄緑色のタイヤもおしゃれです。

th_P1260864.jpg
後ろから。銀ピカの巨大マフラーが迫力満点。フロントに比べてリアタイヤの方が大きいデザインになっています。

th_P1260867.jpg
裏側。シャーシがレッドメタリック塗装されているのもワニの雰囲気にマッチしていていいセンスだと思います。

th_P1260843.jpg
パッケージ。イラストのワニの方が愛嬌があるかも?

気になっていたものが無事に手に入って大満足。今日は8台のHWを納車しましたので、残り7台も順次のんびりと記事にしていこうと思っています。どうぞ今後の更新をお楽しみに。

クロック・ロッド

メーカー : マテル
ブランド : ホットウィール
識別番号 : 027084120134
スケール : - - -
ギミック : - - -
入手状態 : 新品
発売年月 : 2020年8月
納車年月 : 2020年8月
標準価格 : 300円+tax
入手価格 : 200円+tax
記事分類 : 新商品レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。





Sponsored Link