Retroletra.com

【新商品レビュー】ホットウィール アウディ RS 5 クーペ (ブラック)

tadatchi

tadatchi

th_P1260897.jpg
今月発売のホットウィールの新作ベーシックアソートよりブラックの「アウディ RS 5 クーペ」をご紹介します。


Sponsored Link



th_P1260898.jpg
2019年10月にレッドを紹介して、今年5月にブルーを入手して以来3カラバリ目となる「RS 5 クーペ」さん。当然実車についての概要は過去の記事に書いてあるだろうと思って読み返してみたら「実車に明るくないので語るとボロが出てしまいますから、簡単に写真の紹介に留めようと思います。」と完全に仕事放棄した1文で解説を終わらせていました。レトロレトラはなんてヒドいブログなんだと書いた自分自身に呆れました。笑 じゃあ今回は一念発起して詳しく解説しようかと、とりあえずWikipedia先生を頼ってみるもイマイチ欲しい情報が得られず、じゃあそれならばと英語版Wikipedia先生を頼ってみましたが、こちらもイマイチ欲しい情報が見つけられず.....。あら困ったと思ったら日本のアウディ公式サイトに答えがありました。Wikipedia廻りで力尽きたので公式サイトの解説を引用させていただくことにします。Wikipediaの情報が全然更新されていないので、詳しい方だれか更新しておいてください。。。

気品あるクーペのフォルムに、底知れぬパワー。Audi RS 5 Coupé は、さながら繊細なアーティストのセンスと屈強なアスリートの筋肉を併せ持つ、超高性能クーペです。新開発のV6ツインターボエンジンは450PSの圧倒的なパワーを持ちながら、日常のドライブでの扱いやすさと、高い環境性能を両立。パワーを余すところなく路面に伝えるAudi独自の4WDシステムquattroは、意のままのハンドリングにも貢献します。サーキットでも通用する足回りでありながら、快適なロングドライブが楽しめる乗り心地も実現。Audi RS 5 Coupé は都会の夜にも、サーキットでの休日にも似合う、エレガントなスポーツクーペです。

th_P1260899.jpg
日本でも購入できるクルマのようで、お値段は約1300万円。さすが高嶺の花ですね。今回のホットウィールのモデルになっているのは2017年に発表された現行モデルのフェイスリフト前のもののようです。この記事で紹介されているものが多分これですね。頑張って実車の解説を添えようとしましたが、やっぱり実車に明るくない時は無理して語らない方がいいのかもしれない← ホイールは過去に入手した2色と異なるデザインのものを装着しています。黒いボディに銀色のスポークが映えますね。

th_P1260901.jpg
正面から。特徴的なヘッドライトやグリルは印刷で綺麗に再現。大きなグリルに装着されたアウディマークはもちろん、その横に取り付けられた「RS 5」エンブレムもしっかり再現されています。ロアグリルもなかなかアグレッシブな形状をしていますが、ブラックのボディだとなかなか目立ちませんね。これは是非手に取って眺めてもらいたいところ。

th_P1260902.jpg
後ろから。テールライトもしっかり印刷されているのが嬉しいポイント。リアもアウディマークのほか「RS 5」エンブレムが再現されています。他のカラーとも共通するポイントですが、車名とホットウィールロゴを組み合わせたリアナンバープレートが好きです。

th_P1260904.jpg
th_P1260905.jpg
俯瞰して。ホットウィールはアウディの色んな車種をリリースしてくれているので楽しいですね。私が持っているホットウィールだけでも今回の「RS 5クーペ」のほか、最新型の「R8 スパイダー」・「'84 スポーツ アウディ クワトロ」・「'17 アウディ RS6 アバント」・「R8 LMS」(※記事近日公開予定)が存在します。この1ブランドに対してのバリエーションの豊かさは「何とやらの一つ覚え」のように「R8(クーペ)だけ」(一時期A1とかいたけど)をひたすらにラインナップさせ続け、来月にはマイナーチェンジ版を再リリースすると予告している「日本の某ミニカーブランド」にも見習って欲しいものです。笑 決してR8自体が悪いわけじゃないけど、もっと他の車種の魅力も発信できるブランドになってくれたらいいのになと思います。

th_P1260906.jpg
裏側。

th_P1260847.jpg
パッケージ。

アウディ RS 5 クーペ

メーカー : マテル
ブランド : ホットウィール
識別番号 : 027084120134
スケール : - - -
ギミック : - - -
入手状態 : 新品
発売年月 : 2020年8月
納車年月 : 2020年8月
標準価格 : 300円+tax
入手価格 : 200円+tax
記事分類 : 新書品レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。







Sponsored Link