Retroletra.com

【入手記録】ホットウィール マンガ・チューナー (パープル)

tadatchi

tadatchi

th_P1260868.jpg
先月発売になったホットウィールのベーシックアソートの新作から「MANGA TUNER」をご紹介。普段手に取らないジャンルのHWですが、個性的なデフォルメに惹かれて手に取ってみました。


Sponsored Link



th_P1260869.jpg
HWらしくない(むしろHWらしい?)ギュッと前後に詰まったデフォルメが特徴的な「MANGA TUNER」というこのクルマ。「出っ歯」や「竹槍マフラー」などと呼ばれる極端な造形の外観上のカスタマイズが施された、1980年代頃に流行した(らしい)族車スタイル・街道レーサースタイルの日本の自動車文化をモチーフとしたミニカーだと思われます。

th_P1260870.jpg
真横から見るとデフォルメ感がよくわかりますね。チョロQみたいで可愛らしい。タイヤはチョロQと違って前後同じサイズでした。車名の「MANGA」はそのまま日本語の「マンガ」でしょう。調べてみたところ日本文化としての「マンガ」はそのまま海外でも「manga」として呼ばれることが多いのだとか。勉強になりますね。「sushi」や「tsunami」と同じ感覚でしょう。ちなみに私は所有していませんが、ホットウィールでは他にも「MAD MANGA」や「TRACK MANGA」など、「MANGA」をキーワードにした日本の族車スタイルのミニカーがリリースされているそうです。

th_P1260871.jpg
正面から。パープル・イエロー・ピンクなどビビッドな色使いでド派手なスタイルに仕上がっています。特に塗り分けなどは施されていませんが、ブリスターに描かれたイラスト(後述)の雰囲気を上手に再現できていると思います。いい感じにパーツの色が分かれているので、これなら塗り分けがなくても全然違和感がないと思います。

th_P1260872.jpg
後ろから。大きく跳ね上がったウイングと4本の竹槍マフラーがど迫力のリアスタイル。

th_P1260873.jpg
th_P1260874.jpg
ルーフとボンネットにはクルマの雰囲気にマッチしたド派手な柄が描かれています。ボディのカラーともマッチしていてとてもいいワンポイントになっていますね。ギュッと潰されていても内装はしっかりリアシートまで再現されているのが個人的にツボです。

th_P1260875.jpg
裏側。

th_P1260849.jpg
パッケージ。

MANGA TUNRE

メーカー : マテル
ブランド : ホットウィール
識別番号 : 027084120134
スケール : - - -
ギミック : - - -
入手状態 : 新品
発売年月 : 2020年7月
納車年月 : 2020年8月
標準価格 : 300円+tax
入手価格 : 200円+tax
記事分類 : 入手記録/レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。







Sponsored Link