Retroletra.com

【入手記録】MINI GT ホンダ シビック TYPE R ArtCar Manga 2018 Paris AutoShow

tadatchi

tadatchi

th_P1260628.jpg
個性的な和柄デザインを纏ったMINI GTの「ホンダ シビック TYPE R」をご紹介。


Sponsored Link



th_P1260629.jpg
ミニカーをきっかけに知ったクルマですが、商品名から2018年のパリモーターショーに出展された「ホンダ シビック TYPE R」がモデルのミニカーだと読み取れます。ググってみれば実車の情報に簡単にたどり着くことができました。この車を紹介したレスポンスの記事によれば「このアートカーはホンダのフランス部門が、ヒューマンアカデミーヨーロッパと提携して製作したもの。ヒューマンアカデミーヨーロッパの学生が、日本のマンガをテーマに、新型シビックタイプRのアートカーをデザイン」したもので「Facabookの投票で選ばれた最優秀作品」が実車となって展示されたものだそうです。

th_P1260630.jpg
要するにフランスの学生がイメージする「日本らしさ」「mangaらしさ」を色濃く反映したデザインがこれと言うことですね。ボディサイドに描かれた、日の丸の描かれた扇子を手にした和装の女性のイラストやリアフェンダー上部に描かれた鳥居をモチーフにしたシルエットなどが印象的で目を引きますね。扇子で巻き上げられた風に乗って桜の花びらが舞い上がるというデザインのストーリー性も素敵。

th_P1260631.jpg
正面から。ボンネットには葛飾北斎の代表作の一つとして広く知られる「神奈川沖浪裏」と富士山を組み合わせたようなデザインのプリント。

th_P1260634.jpg
リアも部分的にグレー地に桜柄のラッピングが施されています。派手すぎない上品な仕上がりです。

th_P1260635.jpg
th_P1260636.jpg
俯瞰して。ルーフには竹林をモチーフとしたデザインがあしらわれています。

th_P1260637.jpg
ボンネットのデザインをアップで。

th_P1260638.jpg
ルーフには竹のイラスト。竹の頭にそれぞれ「ビュ」とカタカナが見えるのですが、これはカタカナを知っているからそう先入観を持ってデザインが見えてしまうのか、漫画的な擬音表現としてあえて「ビュ」と描いているのか判断がつきません。このミニカーを先に紹介している幾つかのブログにも目を通してみましたが、この点についてはそれぞれ微妙に解釈が異なっているようです。まぁこれが何に見えるかどうかも含めて「Art」ということでいいんじゃないでしょうか。

th_P1260639.jpg
側面の和装お姉さんをアップで。装着しているホイールは実車同様に純正仕様のものです。

th_P1260640.jpg
裏側。

th_P1260627.jpg
パッケージ。

ホンダ シビック TYPE R

メーカー : TSMODEL
ブランド : MINI GT
識別番号 : 4895183692229
スケール : 1/64
ギミック : - - -
入手状態 : 新品
発売年月 : 2019年8月
納車年月 : 2020年7月
標準価格 : 1400円+tax
入手価格 : 700円+tax
記事分類 : 入手記録/レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。







Sponsored Link