Retroletra.com

【入手記録】メモリー観光バス特注 オリジナルチョロQ (三菱ふそう エアロクィーン)

tadatchi

tadatchi

th_P1260786.jpg
久しぶりに別件で立ち寄ったハードオフのおもちゃ売り場に、買い物カゴいっぱいに在庫が入った状態で投げ売りされていたチョロQ。何があってこうなったか分かりませんが、あまりにも境遇がかわいそうな感じになっていたので1台だけ連れて帰ってきました。


Sponsored Link



th_P1260787.jpg
このチョロQを発注したと思われる「メモリー観光バス」は東京都東村山市に本社を置く観光バス会社。大量入荷していたので倒産した会社のノベルティがハードオフに一気に流れ着いたのかな等と邪推しましたが、記事公開時点でこの会社は現役で営業中で、同社のホームページにはこのミニカーのモデルにもなったと思われる2代目エアロクィーンも「小型バス」の一例として写真が掲載されていることが確認できます。誰が一体なんのためにあんなにたくさんのチョロQをハードオフに持ち込んだんだろう。

th_P1260788.jpg
このチョロQがどのような経緯で発注され、どのような目的で使用されたかなどについて、公式のプレスリリース等は見つけられませんでした。誰もが情報を発信する側になった時代より前のミニカーは情報が少ないので、ネットを遡って調べようとすると苦労しますね。幸いにもこれを所有している方のみんカラの記事と、チョロQ学園の発売情報リストから、「2004年8月発売」で、「販売価格は900円」で、「バス車内で販売」があったという情報を得ることができました。ここまでくるとわずかな情報でもとてもありがたいです。

th_P1260789.jpg
まだこの頃はチョロQに勢いがあった時代のはずなので、そのブームに乗っかって特注されたチョロQの一つだったのでしょうかえn。車体のカラーリングは現在も実車で使用されている「メモリー観光バス」を象徴するもの。全面的に印刷で綺麗にリアルに再現しています。ホイールは豪華に金メッキ使用。これはチョロQ化にあたってのちょっとした遊び心でしょうか。デザインと相性がよくで洒落たワンポイントアクセントになっています。

th_P1260790.jpg
th_P1260791.jpg
前後から。灯火類の中で特にウインカーが塗られているミニカーが好きなので個人的にとても高評価な外観の仕上がりです。前後に取り付けられたナンバープレートの数字「1997」は「メモリー観光バス株式会社」の設立年に由来していると思われます。どの各風土から眺めても細部までこまかく再現されているのが分かります。いまのミニカーに見慣れていても決して古臭く見えない仕上がりになっていると思います。

th_P1260792.jpg
th_P1260793.jpg
俯瞰して。

th_P1260794.jpg
裏側。

th_P1260784.jpg
th_P1260785.jpg
パッケージ。中身の見える窓がついた専用デザインの箱に収まっていました。パッケージ側面にはモデルとなったであろう実物の写真も添えられていました。

三菱ふそう エアロクィーン

メーカー : タカラ
ブランド : チョロQ
識別番号 : - - -
スケール : - - -
ギミック : プルバック走行
入手状態 : 中古未使用
発売年月 : 2004年8月
納車年月 : 2020年8月
標準価格 : 900円(税込?)
入手価格 : 100円+tax
記事分類 : 入手記録/レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。





Sponsored Link