Retroletra.com

【入手記録】ホットウィール PIRANHA TERROR (ブルー)

tadatchi

tadatchi

th_P1270083.jpg
たまにはかわいい動物系ホットウィールで癒されましょう。ベーシックシリーズより「PIRANHA TERROR」をご紹介。これも安売りHWのワゴンで発見して一目惚れして買ってきちゃったモデルです。


Sponsored Link



th_P1270084.jpg
名前と見た目からわかるように「PIRANHA(=ピラニア)」をモチーフとしたホットウィール。ピラニアはWikipedia先生の解説を借りると「アマゾン川など南アメリカの熱帯地方に生息する肉食の淡水魚の総称」だそうです。単体では案外臆病な性格らしいですが、鋭利な歯と強靭な顎を持つ姿から抱かされる「肉食の怖い魚」としてのイメージは世界的に共通なようで、今回のホットウィールも「恐怖」や「厄介者」を指す「TERROR」の単語が車名にそのまま用いられています。なかなか大胆なネーミングですね。

th_P1270085.jpg
実際の魚をモチーフにしつつ、ホットウィールらしくしっかりミニカーとして扱えるようにデフォルメされています。ボディカラーには熱帯魚を彷彿とさせる鮮やかなブルーとメタリックグリーンがあしらわれ、尾びれはオレンジ、タイヤは黄色と全体的にカラフルで可愛らしい雰囲気にまとめられています。鱗もプリントでしっかり再現。鱗に混じってホットウィールロゴがちゃっかり描かれているのも面白いポイント。この見た目なら「TERROR」というネーミングが似合わない気もしますが、その油断こそが怪我の元になるのかもしれません。

th_P1270086.jpg
ピラニアの特徴である屈強そうな大きな下顎がホットウィールのデザインにもしっかり取り入れられています。顎はシャーシと一体成形で綺麗なメタリックグリーン塗装。大事な見た目の特徴ですから、これくらいしっかり目立つように誇張してあげた方がピラニア感がでていいと思います。

th_P1270087.jpg
後ろのマフラーなのか尾びれの一部なのかわからない部分もシャーシと一体整形。下顎と同じグリーン塗装です。後ろからだけ見ると流石になんのミニカーだかわからないですね。

th_P1270088.jpg
th_P1270089.jpg
俯瞰して。個人的に嬉しいのはピラニアの目がしっかり再現されています。大きな顎と組み合わせてなんとも親しみやすい顔立ちに仕上がっています。この目に心を奪われて買ったと言っても過言ではありません。

th_P1270090.jpg
裏側。

th_P1270027.jpg
パッケージ。同時に色違いで緑のピラニアHWも手に入れているので、気が向いた時に追ってご紹介します。今後の更新もお楽しみに。

PIRANHA TERROR

メーカー : マテル
ブランド : ホットウィール
識別番号 : 027084120134
スケール : - - -
ギミック : - - -
入手状態 : 新品
発売年月 : 不明
納車年月 : 2020年8月
標準価格 : 300円+tax
入手価格 : 110円
記事分類 : 入手記録/レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。





Sponsored Link