Retroletra.com

【新商品レビュー】トミカ No.81 トヨタ RAV4

tadatchi

tadatchi

th_P1270160.jpg
第3土曜日が今月もやってきました。寂しかった先月とは打って変わり、今月は紹介したい新商品が沢山あるのでどんどん更新していきます。今日はきっとこのブログの繁忙期。がんばって記事を書き続けるのでお付き合いください。まずは定番ラインナップの新作「RAV4」からご紹介。


Sponsored Link


th_P1270161.jpg
RAV4は初回特別仕様が設定されていますが、まずは通常品から。

th_P1270162.jpg
今回登場したのは昨年4月にデビューした最新型の「RAV4」です。当て字っぽい綴りですがこれで「ラブフォー」とそのまま読みます。Wikipedia先生によると「Robust Accurate Vehicle with 4 Wheel Drive」の頭文字に由来しているそうです。RAV4の歴史を振り返ると今回で5代目にあたるモデルですが、日本では4代目が販売されなかったので2016年7月の3代目オーダーストップ以来久々のビッグネーム復活といった感じになります。モデルチェンジを繰り返すごとに大型化している印象ですが、昨今のSUVブームに見事乗っかり大ヒット。街中を歩けば見かけない日はないくらいよく売れている印象です。「日本で大きすぎるクルマは受け入れられない」というのも少しずつ過去の話になっていくのかなぁなんて感じています。トミカとしては初代以来久々に聞く名前ですね。

th_P1270163.jpg
さて今回のトミカのモデルとなっているのは「Adventure」と呼ばれるグレードのRAV4。19インチの大きなタイヤホイールを装備し、専用デザインのバンパーを筆頭に各部分に専用のパーツが奢られています。4WD・ガソリン仕様のみが設定された一番「SUVらしくてRAV4らしい」グレードと言えるのではないでしょうか。「名は体を表す」とはまさにこのことですね。昨今の大きいタイヤを既存のトミカのタイヤで再現するには限界があるのか、昨年末に発売された「ボルボ XC60」同様にワイドタイヤを装着しています。

th_P1270164.jpg
正面から。ヘッドライトはダークカラーで彩色されたクリアパーツで再現。クリアパーツでライトを再現しているトミカとしては比較的珍しい表現方法の気がしますが、意外とこれがなかなかいい感じに実車の目つきの悪さを表現できている気がします。フロントバンパー下部のシルバーのガーニッシュがしっかり塗り分けられているのは嬉しいポイントですが、「Adventure」の最大の外観上の特徴を作り出す個性的な形状のグリルの塗装が省略されてしまっているのがちょっぴり残念。フロントグリルのトヨタマークはしっかり印刷で再現されていました。

th_P1270165.jpg
後ろから。リアもバンパーの塗り分けはとてもいい感じ。テールランプは赤単色での塗り潰しです。トヨタマーク、車名エンブレムの他、右下に取り付けられている「Adventure」の専用エンブレムもしっかり再現されているのは嬉しいポイント。よくみるとリアワイパーも再現されていますね。

th_P1270166.jpg
th_P1270167.jpg
俯瞰して。通常品は「Adventure」専用カラーでもある「アーバンカーキ」を纏って登場。他のクルマでもあまり見かけない特徴的なソリッドカラーで、実車のカタログ内でも多々登場しています。さりげなく個性を出したいならいいカラーチョイスになると思います。そういえば「アーバンカーキ」のRAV4のミニカーは過去にもライトキーホルダーを紹介しています。

th_P1270168.jpg
嬉しい後部ドア開閉ギミックつき。なんとなく思ったより可動域が小さいと感じるかも?

th_P1270169.jpg
裏側。

th_P1270151.jpg
パッケージ。

th_-5803185301198755811_IMG_2793_20200814223900410.jpg
th_5173559745737104363_IMG_2794_20200814223902e09.jpg
なんとも都合の良いことに、発売当初にMEGA WEBのライドワンでアーバンカーキのRAV4の実車を撮影していた(※写真の実車はアッシュグレーメタリックとのツートン仕様)ので実写の写真を添えておきます。トミカの色の再現もなかなかよくできているのがわかると思います。

th_P1270170.jpg
続いて初回特別仕様もご紹介。

th_P1270171.jpg
通常品の色違いにあたるモデルで、綺麗なメタリックブルーを纏って登場しました。おそらくこちらも「Adventure」の専用カラーである「シアンメタリック」をモデルにしたものだと思われます。シアンメタリックの実車の写真も各自動車メディアの記事などで沢山見ることができます。ちなみにシアンメタリックは残念なことに今月実施されたタイムリーな一部改良で「アッシュグレーメタリック」とのツートンカラー専用色に変更されてしまいました。仮に色味が正確であっても今から注文できないカラーがトミカになってしまうのはなんとも寂しい話です。

th_P1270172.jpg
とはいえ実車にないか仕様だからといって、この鮮やかなブルーメタリックがRAV4に似合わない色かというとそうでもないので、実車のカタログ情報に囚われずに1つのミニカーとして眺めるならとてもいいカラーだと思います。黒塗り部分とのコントラストもはっきりしますし、皮肉を言えば通常品と初回特別仕様の色の見分けがぱっと見でつかない来月の新車よりマシとも言えます。笑

th_P1270173.jpg
th_P1270174.jpg
前後から。濃い色ベースの方がエンブレムの印刷等々もよく目立ちますね。

th_P1270253.jpg
th_P1270254.jpg
俯瞰して。

th_P1270178.jpg
裏側。

th_P1270152.jpg
パッケージ。

th_P1270176.jpg
th_P1270177.jpg
2色並べて。どちらがお気に入りでしょうか。言うまでもなくブルーは初回特別仕様なのでなくなり次第終了です。気になる方はお見逃しなく!

トヨタ RAV4

メーカー : タカラトミー
ブランド : トミカ
識別番号 : 49048108196803/8196799
スケール : 1/66
ギミック : サスペンション/後部ドア開閉
入手状態 : 新品
発売年月 : 2020年8月
納車年月 : 2020年8月
標準価格 : 450円+tax
入手価格 : 450円+tax
記事分類 : 新商品レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。







Sponsored Link