Retroletra.com

【入手記録】ホットウィール 日産 300ZX ツインターボ (警視庁仕様)

tadatchi

tadatchi

th_P1270516.jpg
今年7月発売のベーシックアソートに入っていた、警視庁パトカー仕様の「日産 300ZX ツインターボ」のホットウィールをご紹介。気にはなっていたものの当時のゲットは逃していたものです。馴染みのショップに顔を出したらぶら下がっていたのでお持ち帰り。


Sponsored Link



th_P1270517.jpg
日本では「Z32」型の「フェアレディ Z」として知られるクルマです。3リッターターボエンジン搭載で最高出力は280psだそう。以前に紹介した白い300ZXのホットウィールの色違いにあたります。

th_P1270518.jpg
「警視庁」や「POLICE」の文字から、日本のパトカー仕様であることが窺い知れますが、赤メタリックのアクセントが入ったイカつい黒いホイールを履いていたり、窓が全部スモーク仕様だったり、ホットウィールのロゴを含めた怪しげなステッカーが貼ってあったりと、非常にホットウィールらしさ全開の1台に仕上がっています。昔の記事を漁ったらトミカリミテッドのZ32パトカーの記事を見つけました(通常版は手元になかった)が、見比べるまでもなくトミカとホットウィールの方向性の違いがよく分かりますね。個性が出て非常に面白いモデルだと思います。パトランプが追加パーツで用意されないのもホットウィールの警察車両ではよくあることのようなので特に驚きました。

th_P1270519.jpg
正面から。フロント側はバンパーからボンネットにかけての日本パトカーの特徴でもある黒三角形塗装がないので、単なる白無地に。以前の白い300ZXとは違いグリルも塗装されていないのでちょっぴり寂しい見た目になってしまっています。

th_P1270520.jpg
フロントとは対照的にテールライトの再現は目を見張るものがあります。細かく印刷で再現されていてグッド! 後ろ姿はとってもかっこいいです。4本出しマフラーに特徴的なウイングの組み合わせも素敵。

th_P1270521.jpg
th_P1270522.jpg
俯瞰して。ルーフもクリアパーツを使って再現されています。

th_P1270523.jpg
裏側。

th_P1270484.jpg
パッケージ。

日産 300ZX ツインターボ

メーカー : マテル
ブランド : ホットウィール
識別番号 : 027084120134
スケール : - - -
ギミック : - - -
入手状態 : 新品
発売年月 : 2020年7月
納車年月 : 2020年8月
標準価格 : 300円+tax
入手価格 : 600円
記事分類 : 入手記録/レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。







Sponsored Link