Retroletra.com

【入手記録】グリーンライト 1/64 日産 GT-R (R35) 50th Anniversary

tadatchi

tadatchi

th_P1270550.jpg
先に紹介したジープ ラングラー370Zクーペに続けてグリーンライトの「1/64 日産 GT-R (R35) 50th Anniversary」をご紹介します。まとめて買ったものは日付が離れすぎないようにしなきゃなぁと思して。他2台はグリーンマシーンでしたが、今回のGT-Rは通常カラーのものです。


Sponsored Link



th_P1270552.jpg
先日のジープ ラングラーと同時に同じ「ANNIVERSARY COLLECTION SERIES11」のアソートのラインナップの1つとして登場したもの。このGT-Rは深みのある最新の人気色「ワンガンブルー」にホワイトのストライプが描かれ、随所に50周年記念したスペシャルな装備を取り付けた特別なGT-Rの1台です。人気車種の目を引くカラーの記念モデルということで、トミカ京商1/64・SAMURAI・ハイストーリー・TLVNなど様々なミニカーブランドからモデル化されています。他に「アルティメイトシルバー」版のものと、HWで以前紹介した「ブリリアントホワイトパール」版があります。

th_P1270554.jpg
ワンガンブルーのR35のミニカーだ!! と脊髄反射で手に取って不良がないことを確かめて意気揚々と購入してきたのですが、よくみたらこれは金型が中期型のR35ベースになっていました。バンパーに横長のLEDライトが埋め込まれている世代ですね。既にたくさんのブランドから2017年モデル顔のGT-Rのミニカーが出ているので、それなりに知名度のある「グリーンライト」が旧型の金型を使い回すなんて......!! よくみてなかった私が悪いんですが、他ブランドが当たり前にやっているポイントだけにちょっとがっかり。あえてポジティブに言えば、50th仕様のカラーを纏ったR35のミニカーはグリーンライトでしか手に入りません。

th_P1270555.jpg
正面から。これが問題のフロントマスク。ヘッドライトがクリアパーツで再現されている点は素敵です。フロントのGT-Rエンブレムの印刷位置がぎこちないのもまぁ許容範囲でしょう。するとなるとやっぱり気になってしまう中期型特有のLEDライト.....。

th_P1270556.jpg
後ろから。リアのデザインは昔から殆ど変更がないのでそれほど違和感がありません。車名エンブレムと、リアに貼られた50th Anniversary専用ロゴステッカーしっかり再現されています。

th_P1270557.jpg
th_P1270558.jpg
俯瞰して。厳密な年式が違うとは言え、ぱっと見の違和感はあまりありません。あまり神経質に捉えなければこれはこれで十分かっこいいミニカーといるかなと思います。これも左ハンドル仕様です。

th_P1270559.jpg
th_P1270560.jpg
ホイールやマフラーは既存のものを流用しているようです。実車ではブルーのアクセントカラーが挿されているポイントですが、それは量略されてしまっています。

th_P1270561.jpg
裏側。

th_P1270562.jpg
フロントマスクの違いを確認するために京商版の日産 GT-R 50th Anniversaryとツーショット。並べちゃうとやっぱり違いが引き立ってしまいますね。

th_P1270539.jpg
壊さないと簡単に開かないのが残念なくらいブリスターパッケージのデザインはかっこいいです。

日産 GT-R

メーカー : グリーンライト
ブランド : - - -
識別番号 : 810027493453
スケール : 1/64
ギミック : - - -
入手状態 : 新品
発売年月 : 不明
納車年月 : 2020年8月
標準価格 : 1400円+tax
入手価格 : 1400円+tax
記事分類 : 入手記録/レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。





Sponsored Link