Retroletra.com

【新商品レビュー】ホットウィール '17 ランボルギーニ ウルス

tadatchi

tadatchi

th_P1270844.jpg
今日発売のホットウィールの新作ベーシックアソートから「'17 ランボルギーニ ウルス」をご紹介。今回最大のお目当てだったものです。無事に手に入ってよかった。


Sponsored Link



th_P1270845.jpg
ウルスはランボルギーニが開発・発売している高性能SUVモデル。話題性が高く、このブログでもマジョレットトミカMINI GTのものを取り上げています。ファーストカラーはイメージカラーの黄色で登場。カタログ名で言うと「Giallo Auge」というそうです。

th_P1270846.jpg
ホットウィールのウルスは前からあったような...と思った方もいるかもしれませんが、これまで販売されていたウルスのホットウィールは2012年の北京モーターショーでお披露目されたコンセプトカー仕様の金型でした。今回車名の頭に「'17」をつけて市販モデル仕様として再びホットウィールに登場したわけです。コンセプトかーと市販車なので外観は似ているようで全く別物です。全然違うので違う点を1つずつ指摘してくとキリがありませんが、ドアノブの有無で市販モデルとコンセプトモデルを見分けるのが一番ホットウィール的にはわかりやすいかなと思います。

th_P1270847.jpg
正面から。ヘッドライトはホットウィールお得意の印刷で再現。なんとか頑張った感は伝わってきますが、正直ライトの雰囲気はあまり似ていないなというのが率直な感想です。これをやるんだったら、トミカみたいにシルバーでベタ塗りとかしちゃった方が綺麗だったかもしれません。複雑な造形のフロントグリルの塗り分けはお見事です。トミカと比べても黄色で塗り分けられている部分が多く、細部まで拘って作られたのがよく伝わってきます。

th_P1270848.jpg
後ろから。テールライトもしっかり塗り分けられています。中央のランボルギーニエンブレムも忘れずに再現されているのが嬉しいポイント。リアナンバープレート部分にはウルスの車名ロゴがプリントされています。

th_P1270849.jpg
th_P1270850.jpg
俯瞰して。ずっとコンセプトモデル版のホットウィールを見続けていたので、ついに市販版が登場したことをすごく嬉しく思います。今後もカラバリが次々と出てくる気がするので、気に入ったものは無理のない範囲で追いかけて行けたらなぁと思います。

th_P1270851.jpg
裏側。

th_P1270839.jpg
パッケージ。

ランボルギーニ ウルス

メーカー : マテル
ブランド : ホットウィール
識別番号 : 027084120134
スケール : - - -
ギミック : - - -
入手状態 : 新品
発売年月 : 2020年9月
納車年月 : 2020年9月
標準価格 : 300円+tax
入手価格 : 200円+tax
記事分類 : 新商品レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。





Sponsored Link