Retroletra.com

【入手記録】おともだちゴールド Vol.39特別付録トミカ ハヤテ

tadatchi

tadatchi

th_P1280238.jpg
「おともだちゴールド」オリジナルトミカ「ハヤテ」を入手したのでご紹介します。


Sponsored Link



th_P1280239.jpg
「ハヤテ」のトミカは今年3月に発売になった講談社の『おともだち』増刊号である『おともだちゴールド Vol.39』の特別付録として同梱されていたものです。おともだちゴールドは過去にも個性豊かなオリジナルトミカと付録につけたことがあるシリーズで、このブログでもランエボXデュトロなどを紹介したことがあります。今回はそれらの最新作というわけですね。

th_P1280241.jpg
トミカの「ハヤテ」と聞くとTDMの方のハヤテと被る気がしますが、そこは気にせずに命名した様です。紛らわしい気もするけど混同する様な話題をするのは我々オタクだけなのかもしれません。講談社BOOK倶楽部の解説によると、ハヤテは『ニッポンが生んだF1カーという設定の車両。紅白の鮮やかなカラーリングがまぶしい、和風テイストなレーシングカーです。』だそうです。なるほどだから和風テイストのカラーリングなんですね。

th_P1280242.jpg
th_P1280243.jpg
「ニッポンが生んだF1カーという設定」のクルマですが、見ての通りベースになっているのは「フォーミュラ ルノー 3.5」のトミカ。フランスの自動車ブランド「ルノー」のフォーミュラカーの金型を使っているのに「ニッポン生まれ」を名乗るという、怖いもの知らずの大胆な発想と企画力の産物です。このデザインとこの設定でありながら、ルノーのライセンスを取得してちゃんと作られた商品だからすごいものです。

th_P1280244.jpg
th_P1280245.jpg
俯瞰して。フロントにはカタカナで「ハヤテ」の千社札が貼られています。日の丸をモチーフにしたと思われる赤いペイントは、元々合ったトミカのモールドをうまく活用したなといった印象。

th_P1280246.jpg
ウイングには「HAYATE」の文字も。

th_P1280247.jpg
裏側。

th_P1280235.jpg
th_P1280236.jpg
th_P1280237.jpg
専用デザインのカラーパッケージ付きです。

ハヤテ

メーカー : タカラトミー
ブランド : トミカ
識別番号 : - - -
スケール : 1/69
ギミック : - - -
入手状態 : 中古
発売年月 : 2020年3月
納車年月 : 2020年9月
標準価格 : 909円+tax
入手価格 : 350円+tax
記事分類 : 入手記録/レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。





Sponsored Link