Retroletra.com

【新商品レビュー】RMZCity メルセデス AMG GT S (レッド)

tadatchi

tadatchi

th_P1280341.jpg
巷でちょっと噂のRMZCityたぶん新作の「AMG GT S」のミニカー。昨日はリサイクルショップでたまたま見つけた黄色の子を紹介しましたが、黄色が手に入るということは(存在は知っていた)赤も探せば市場に出回っているのでは! と思い、近所のRMZCity取扱店の在庫をほじくり返したら見つかりました。探したあとは売り場をきれいに片付けてから立ち去ったのは言うまでもありませんが、一応念押しで強調しておきます。


Sponsored Link


th_P1280301.jpg
ということで、昨日紹介した黄色い「AMG GT S」 の色違い。把握する限りでは現時点で黄色と赤の2色展開でリリースされています。黄色はパール系の塗装でしたが、赤はべったりとしたソリッドレッド。色そのものの好みで評価するなら黄色の方が好きだなと思います。せっかくのテールライトの塗装とかが埋もれてしまいますしね。

th_P1280302.jpg
黄色の記事のおさらいをすると、「GT S」は「GT」の出力・トルクをアップした上位モデルにあたるグレードのようです。2014年に発表され、日本では2015年5月に発売。2017年に「GT S」を上回る性能の最上位モデル「GT R」が出たことで販売が終了になりました。つまりホットウィールのアレマジョレットのアレより上のグレードでトミカのアレより下のグレードという位置付けのクルマです。「AMG GT」シリーズはロングノーズのスタイリングが一目で普通のメルセデスではないと訴えかけてきますね。ホイールは黄色と同じものですが、こちらも相性抜群です。

th_P1280303.jpg
th_P1280304.jpg
前後から。イエローの単純なカラバリなので塗り分け部分は全く同じ。こちらもロアグリルとナンバープレート周りの塗り分けが器用なことで力強く特徴的なフロントマスクをしっかり表現できています。ライトはシルバー塗り、グリルの塗装とメルセデスエンブレムの再現もバッチリ。

th_P1280305.jpg
th_P1280306.jpg
th_P1280307.jpg
俯瞰して。RMZCityのJuniorシリーズなので内装の再現はありません。窓は黒色で全て埋められています。このシリーズは内装を省いている分、外装にしっかり力が入っているのがわかるからついつい買ってしまうんですよね。

th_P1280299_20200915065003280.jpg
黄色と記念撮影。

th_P1280308.jpg
裏側。

th_P1280309.jpg
パッケージ。

メルセデス AMG GT S

メーカー : ユニフォーチュン
ブランド : RMZCity Junior
識別番号 : 4895065048632
スケール : - - -
ギミック : - - -
入手状態 : 新品
発売年月 : 不明
納車年月 : 2020年9月
標準価格 : 300円+tax
入手価格 : 298円+tax
記事分類 : 新商品レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。






Sponsored Link