Retroletra.com

【入手記録】阪急バス特注トミカ 三菱ふそう エアロスター (2019年版)

tadatchi

tadatchi

th_P1280348.jpg
阪急バスのオリジナルトミカを友人に買ってきてもらったのでご紹介。バス自体に知識がないのと、地域モノなので「馴染みの有無」が絡んでくるのであまり積極的には買い集めていないのですが、今回縁あって手に入れることができました。阪急バス仕様の三菱ふそう「エアロスター」のご紹介です。


Sponsored Link



th_P1280350.jpg
聞くところによると、「阪急バス特注のオリジナルトミカ」は2017年の創立90周年を記念して作られた旧型「エアロスター」ベースのもの(早々に完売したとか)と、その好評を受けて2019年に新型「エアロスター」の金型をベースに、リニューアルして再発売されたものとの2種類が存在するそうです。今回紹介するのは後者のもの。これまではイベント限定品として販売されていたもののようですが、昨今の状況で在庫過多になってしまったことから、昨日:2020年9月14日より「大阪梅田・阪急三番街高速バス乗り場」で数量限定で販売されると阪急バス公式Twitterで告知され、この情報をもとに友人に足を運んできてもらった次第です。

th_P1280351.jpg
新型のエアロスターのトミカは2017年12月の金型登場以来、多くのバリエーションが登場しており、このブログで取り扱っているだけでもこれで6バリエーション目になります。実在の身近なバス会社のカラーリングとなると、ジオラマ等に混ぜて楽しんでもリアル感が増すので楽しいですよね。私も以前地元を走る「国際興業バス」のトミカは張り切って手に入れた記憶があります。

th_P1280352.jpg
バスなので左右非対称なデザイン。一部シールでの再現(後述)がありますが、細部のほとんどは塗装と印刷で再現されています。お値段は900円。特注品でこのお値段なら十分満足できる1台だと思います。

th_P1280353.jpg
th_P1280354.jpg
前後とも細かく再現されています。大阪・京都・兵庫を走る路線バスということでナンバープレートはしっかり「大阪ナンバー」仕様になっていました。リアコンビネーションランプが細かく色分けされているのが個人的には大好きポイント。特徴的な阪急バスのヘッドマークの再現もきれいにできています。

th_P1280355.jpg
th_P1280356.jpg
俯瞰して。

th_P1280357.jpg
裏側。

th_P1280345.jpg
付属するシールはこの通り。ここまでの写真はシールをサクッと貼った状態でのものをお届けしました。わざわざ「パッケージを参考に」と書いておきながらパッケージにリアの写真がないのは些か不親切だなと感じました。

th_P1280346.jpg
th_P1280347.jpg
記録用にシールを貼る前のものも。

th_P1280342.jpg
th_P1280343.jpg
th_P1280344.jpg
パッケージ。

以上、兵庫の友人のお土産のご紹介でした。梅田に足を運んだ際は是非チェックしてみてください。

三菱ふそう エアロスター

メーカー : タカラトミーアーツ
ブランド : トミカ
識別番号 : - - -
スケール : 1/138
ギミック : - - -
入手状態 : 新品
発売年月 : 2019年5月
納車年月 : 2020年9月
標準価格 : 900円
入手価格 : 900円
記事分類 : 入手記録/レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。







Sponsored Link