Retroletra.com

【入手記録】セブン&アイ限定 ディズニーモータース ジュエリーウェイ ポティロン マレフィセント オータムエディション2019

tadatchi

tadatchi

th_P1280480.jpg
昨年9月に期間限定・セブン限定で販売された「ディズニーモータース ジュエリーウェイ」の「ポティロン マレフィセント」をご紹介。「ジュエリーウェイ」はこのブログ初登場のディズニーモータースですが、小物入れとして仕える仕掛けがついた可愛らしいトミカのシリーズです。


Sponsored Link



th_P1280481.jpg
「オータムエディション2019」として、ハロウィーンのシーズンにぴったりなタイミングで登場したマレフィセントのトミカ。実写版映画をみてからマレフィセントの魅力に取り憑かれているので、これは手に入れたかったものですが、発売当時に発売情報そのものを逃して未入手になっていたものです。ほとんどプレミア価格がついてないお値段で手に入れられたので買ってきました。

th_P1280482.jpg
車名となっている「ポティロン」はフランス語で「かぼちゃ」を意味します。見ての通りシンデレラに登場するかぼちゃの馬車がモチーフになったトミカです。そういえば中学生のとき「ポティロンの森」という施設に校外学習に行きました。印象的な名前だったのでずっと覚えていたのですが、いまググってみたら施設名が変わっていました。なんとも残念。ただの余談です。

th_P1280483.jpg
トミカはマレフィセントのイメージカラーである「グリーン」と「パープル」のクリアパーツをふんだんに使った妖しく美しいカラーリングに仕上がっています。随所にラメが使われていてキラキラと輝いて見えるのも特徴。マレフィセントの角のモチーフや、ヴィランツらしさを表現するメラメラと燃える炎の様なデザインが随所に施されているのもグッド。既存のポティロンのトミカとは一線を画す印象的なスタイリング雰囲気に仕上がっていると思います。

th_P1280484.jpg
デザイン上の前後左右はあまりはっきり存在しない様なので片面だけ。窓の形がハート型になっているのも可愛いポイント。

th_P1280486.jpg
th_P1280487.jpg
俯瞰して。

th_P1280488.jpg
屋根の部分を脱着することができます。

th_P1280489.jpg
取り外せばジュエリーなどの小物を収納できます。サイズ間の目安として妻の指輪を適当に借りて入れてみました。

th_P1280490.jpg
裏側。ジュエリーウェイは独自金型で独自路線を歩んでいますが、一応ディズニーモータース傘下のブランドなのでディズニーモータースのシンボルマークも印字されています。

th_P1280491.jpg
「オータムエディション2019」として同時に発売された他の2車種の紹介が箱の耳に描かれていました。こんなの見せられたら集めたくなっちゃいますよね?

th_P1280477.jpg
th_P1280478.jpg
パッケージ。

th_P1280479.jpg
「ジュエリーウェイ」シリーズの解説がパッケージに添えられています。筆者がセクシャルマイノリティ当事者だからこそ過敏に反応してしまうのかもしれませんが、「おんなのこのための」と強調されている点がどうしてもスッキリしません。もちろん「おとこのこ」ユーザーの多いトミカの中で、「おんなのこ」に向けて訴求するために開発した商品であることを強調したいメーカーの意図はわかりますが、「トミカが楽しい」「このトミカが素敵」「ジュエリーが好き」に「おとこのこ」も「おんなのこ」も関係ないはずです。店頭でこれが欲しいと手に取った「おとこのこ」が「これは女の子用だ」と親に止められた場面があったら...と思うとなんだかそれだけで胸が締め付けられます。子どもたちが最初に入る「おもちゃの社会」こそ、男女の隔たりや区別をなくしていくべきだと思うので、この表現もう少し丸くできないかなぁと思ってしまいます。トミカ自体の出来がいいだけにこの文章でがっかりさせられてしまいました。

ポティロン

メーカー : タカラトミー
ブランド : ディズニーモータース ジュエリーウェイ
識別番号 : 4904810137917
スケール : - - -
ギミック : 蓋脱着
入手状態 : 中古未使用
発売年月 : 2019年9月
納車年月 : 2020年9月
標準価格 : 900円+tax
入手価格 : 1137円+tax
記事分類 : 入手記録/レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。





Sponsored Link