Retroletra.com

【新商品レビュー】アースグランナートミカ CG12 コアグランナーイーグル ス―プラトミカ

tadatchi

tadatchi

th_P1280556.jpg
今日発売の「アースグランナー」シリーズの単品トミカより「コアグランナーイーグル ス―プラトミカ」をご紹介。


Sponsored Link



th_P1280562.jpg
てっきり架空車だけで完結させるシリーズかと思っていましたが、8月に発売になった「CG10 コアグランナーレオ GT-Rトミカ」に続いて「GRスープラ」をモチーフにしたトミカも登場しました。さらに来月にはNSXをモデルとした「CG13 コアグランナーサーベル NSXトミカ 」の登場も控えています。GRスープラのトミカは積極的に集めているので、これも広義の「GRスープラトミカ」だろうということで購入してきました。86トミカ集めのためにビルドアップトミカを買わされたことに比べればこのくらいたいしたことありません。

th_P1280558.jpg
シルエットは完全にGRスープラ。他のアースグランナー用のトミカとの互換性を維持するためにリアが若干凹凸の少ないデザインにデフォルメされている程度です。もっとクセの強いのを想像していましたが、これなら素直にかっこいいGRスープラのトミカとして楽しめそうです。左側面には「コアグランナー スープラ」のロゴ入り。「GRスープラ」は通称なので、「スープラ」で間違いではないんですが、なんとなく癖で「GRスープラ」よ呼んでしまいます。

th_P1280559.jpg
ボディデザインは左右非対称。ロゴが入っているのは左側面だけになります。ブルーとゴールドの組み合わせが美しいですね。

th_P1280560.jpg
正面から。試作品画像で違和感があったヘッドライトですが、製品版では通常品トミカ同様に滑らかなラインの造形にちゃんと修正されていました。試作品のままの形で来ると思っていたのでほっとしました。フロントにはトヨタのエンブレムも装着されています。

th_P1280561.jpg
後ろから。前述に通り、ギミックや互換性の都合から凹凸の少ない造形にデフォルメされています。GRスープラのお尻フェチな人にはちょっと残念なポイントかも。

th_P1280580.jpg
th_P1280581.jpg
俯瞰して。ブルーメタリックとゴールドの組み合わせが洒落ています。通常のトミカと違ってボディがプラスチック製なので手に取った時の重厚感はあまりありません。ルーフにはサウンドギミック用のボタンがついています。

IMG_3528.png
本体裏面にはギミック用のQRコードと端子が装着されています。

th_P1280564.jpg
「コアグランナーイーグル ス―プラトミカ」は単独で一般のミニカーとして遊べるほか、ルーフにあるボタンを押すとランダムに様々なサウンドを楽しむことができます。サウンドがなっている間はフロントガラスにSupraのロゴが浮かび上がります。

th_P1280567.jpg
別売のアースグランナーロボとソフビシリーズと組み合わせて遊べる「ヘッドギア」も付属します。

th_P1280565.jpg
th_P1280566.jpg
通常のGRスープラのトミカと並べるとこんな感じ。リア以外は殆ど通常品の作りを踏襲しています。サイズ感もほぼ同じ。タイヤがやたら大きいのもコアグランナー版の特徴です。何度も言いますが、このくらいの差はビルドアップトミカの86に比べれ微々たるものです(笑)

th_P1280554.jpg
パッケージ。

ここまで書いておいて作品や、連携玩具としての解説ができていないことに気づいたので、以下に公式サイトの商品説明を引用しておきます。
主人公クウガが、グランナーK(ケー)スープラ(スープラのエナジーを纏ったヒーロー)にタイプチェンジするために使用するコアグランナートミカ!

・天井のボタンを押すと各種セリフ、走行音、クラクションなど単体でサウンド遊びが楽しめる!  サウンドとともにスープラの紋章が光って現れるぞ!
・別売りのアースブレス、アースハンドル、ガオグランナー(ロボ上半身)、アースグランナー(ロボ)にセットするとそれぞれ違った対応サウンドが鳴るぞ!
・スープラヘッドギア付属。別売りのアースグランナー(ロボ)とソフビシリーズに装着可能!


コアグランナーイーグル スープラトミカ

メーカー : タカラトミー
ブランド : コアグランナートミカ
識別番号 : 4904810161486
スケール : - - -
ギミック : サウンド・文字点灯(単体)
入手状態 : 新品
発売年月 : 2020年9月
納車年月 : 2020年9月
標準価格 : 1200円+tax
入手価格 : 1200円+tax
記事分類 : 新商品レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。






Sponsored Link