Retroletra.com

【入手記録】バニングII トヨタ ハイエース (ブルー・ピンク・ホワイト)

tadatchi

tadatchi

th_P1280815.jpg
今でこそ86オーナーであり、86が好き・スポーツカーが好きで通っている私ですが、実は小学生の時に将来乗りたいと思っていたクルマは所謂「バニング仕様」のハイエースでした。小学生の頃おばあちゃんに連れて行ってもらったカプセルトイ売場でねだって買ってもらったバニングのミニカーたち。ボロボロにして捨ててしまったのをいまだに後悔していたところ、中古で入手する機会に恵まれ、再びゲットする運びになりました青・白・ピンクの3台を手に入れたのでまとめてご紹介します。


Sponsored Link



th_P1280816.jpg
まずは当時持っていたものと全く同じ仕様のブルーから。ググっても殆ど情報がないので私の記憶に頼っての情報になりますが、カラバリ3色・エアロ3パターンの全9種のラインナップで1回200円のカプセルトイだったと記憶しています。280円でブラインドパッケージ版が近い時期に発売されていた様ですが、細部の再現などを確認するに、私が昔持っていたものと同じカプセルトイ版であると判断できます。

th_P1280818.jpg
当時の説明書を確認すると、これは「タイプB」と呼ばれるエアロを組んだハイエース。同色エアロの「タイプA」と「タイプC」も存在する(ハイルーフパーツとルーフスポイラーだけは前者共通)ので複数集めて組み合わせることで自分だけのバニングカーを作ることもできる面白いシリーズでした。

th_P1280819.jpg
横から。この大きなリアスポイラーに小学生の時の私は心を奪われたわけです。エアロに応じてホイールも3種類用意されていました。ホイールの交換はできないので、ベース車をどれにするかも含めるとカスタマイズのバリエーションが無限大に広がっていきますね。前後とも大きく突き出したバンパーが迫力満点です。

th_P1280820.jpg
正面から。ヘッドライトやフォグライトがしっかり塗られているのが嬉しいポイント。最近ではすっかり見かけなくなってしまった大きな「ワイパーガード」も良い味を出していますね。流石にメーカーのライセンス品として出すには難しかったのか「ベース車」は「ベース車」という名前で説明書でも紹介されています。

th_P1280821.jpg
後ろから。バニング車といえばリアを全部埋めたツルッとしたリアスタイルも特徴的。リアスポイラーの影になってみづらいですが、小さく開けられたリアウインドウも再現されています。

th_P1280822.jpg
th_P1280823.jpg
俯瞰して。今でこそ絶滅危惧種ですが、やっぱりド派手なエアロの装備がかっこいい。いま実車を所有したいかどうかはまた別の話としても、眺めていて心踊るものがあります。

th_P1280824.jpg
裏側。

th_P1280825.jpg
続いてピンクをご紹介。ビビッドな蛍光ピンクです。一見すると単純な艶消しボディのようですが、よく見ると細かいラメが入った芸の細かい塗装になっています。

th_P1280827.jpg
今回ゲットしたピンクも、先に紹介したブルーの個体と同じ「タイプB」のエアロパーツを装着しています。

th_P1280828.jpg
ド派手なエアロには鮮やかなカラーもよく似合います。後ろから走ってきたら間違いなく道を譲るであろう存在感があります。

th_P1280829.jpg
th_P1280830.jpg
前後から。エアロは同じでも色が違うとガラッと雰囲気が変わりますね。当時はピンクを当てることができなかったので、今になって手に入れることができてとっても嬉しいです。

th_P1280831.jpg
th_P1280832.jpg
俯瞰して。

th_P1280833.jpg
裏側。

th_P1280834.jpg
最後にホワイト。こちらはパール系のホワイトでの塗装となっています。

th_P1280835.jpg
説明書を見るとこれは「タイプC」のエアロです。前述の通り「タイプA」や「タイプB」のモデルを入手することでパーツの付け替えができます。こちらの方が先に紹介した「タイプB」のエアロよりも華美なスタイルのエアロパーツを装備しています。

th_P1280836.jpg
横から。サイドスカートの高さが前後のバンパーとあっていない点が些か気になりますが、全体的な迫力はこちらの方が好みかな。先に紹介した「タイプB」モデルとはホイールが違う点にも注目。

th_P1280837.jpg
前後から。パーツの構成共通ですが、パーツのデザインがそれぞれ異なります。「フロントスポイラー」のデザインは「タイプB」の方が好みだったり。今の時代にこれが売っていたら全部集めて組み替え遊びをしていただろうなぁ。

th_P1280838.jpg
後ろから。豪華絢爛なリアビューも必見。私はやりませんが、細部塗装でテールライトなどを細かく塗ってあげるとグッとリアリティが高まる予感がします。

th_P1280839.jpg
th_P1280840.jpg
俯瞰して。

th_P1280841.jpg
裏側。

th_P1280844.jpg
th_P1280843.jpg
取り外せるパーツはこの通り。エアロをつけると隠れてしまうフルノーマル状態の「ベース車」もしっかり作り込まれている点に強いこだわりを感じます。

th_P1280845.jpg
サイズ感の目安を兼ねて、小学生の時に乗りたかったクルマと、高校生以降に乗りたくなったクルマ(トヨタ 86 : 1/60スケール)を並べて。今の私を知っているとバニング車が好きだったなんて意外でしかない気がします。おまわりさんに怒られさえしなければ、いろんなカスタムがあって、いろんなクルマがあって良いと思います。ノーマル仕様だけでなくカスタマイズカーのミニカーも集めてみると楽しいものですね。

トヨタ ハイエース

メーカー : 有限会社キャンバス
ブランド : バニングII
識別番号 : 4534188000492
スケール : - - -
ギミック : パーツ脱着
入手状態 : 中古
発売年月 : 2000年代前半?
納車年月 : 2020年9月
標準価格 : 200円
入手価格 : 各800円
記事分類 : 入手記録/レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。
スペシャルサンクス(資料提供) : @nissan_rps13





Sponsored Link