Retroletra.com

【新商品レビュー】ホットウィール マクラーレン スピードテール

tadatchi

tadatchi

th_P1280988_20201001094502e4b.jpg
ホットウィールの輸入版の新作より「マクラーレン スピードテール」をご紹介。国内発売に先駆けて一足お先にご紹介。


Sponsored Link



th_P1280989.jpg
昨年末にトミカからも登場し、どこを褒めようか正直迷ってしまった思い出のあるスピードテール。実車はそりゃ凄いクルマなんですが、身近なトミカがイマイチだと実車に親近感を持てるわけがありません。今回のホットウィールの名前だけ聞いて最初は敬遠していましたが、実際手に取ってみると出来の良さに驚かされました。基本的に比較するものじゃないと思っているのでトミカとホットウィールの直接比較をすることは普段ありませんが、この車種に限って言えば、ホットウィールの仕上がりの圧倒的勝利なのではないかなと思います。

th_P1280990.jpg
ボディカラーは綺麗なライトブルーで登場。トミカの通常品で選ばれた色と同じですね。リアに向かって突き抜ける様な流麗でシャープなプロポーションを見事に再現。塗装も厚ぼったくなくとても美しく見えます。既存のホイールの流用ですが、実車同様に前後のホイールが異なる点も完璧に再現。フロントのホイールなんてこのクルマに履かせるためにデザインしたのかと思ってしまうほど実車の雰囲気にマッチしています。

th_th_P1280991.jpg
正面から。細長いヘッドライトの塗装は省略されています。ホットウィールはセナすらのっぺらぼうなのでここはいつも通り。フロントのマクラーレンエンブレムはちゃんと再現されていました。

th_th_P1280993.jpg
うしろから。よくみると横長のテールライトと、「マクラーレン」「スピードテール」の車名エンブレムまでしっかり再現されているのに気づきます。トミカの記事では、ここも省略されていて残念がっていた部分です。これは嬉しい。

th_P1280994.jpg
th_P1280995.jpg
窓とルーフは大きなクリアパーツで一体再現。クリアパーツの造形自体はトミカの方が凝っている様ですが、ホットウィールとしてはこれで十分すぎる仕上がりな印象。リア側の赤いアクセントラインが再現されているのもグッド。ルーフがクリアなので3シーターの内装もしっかり再現されているのが見てわかります。

th_P1280996.jpg
裏側。

th_P1280975.jpg
パッケージ。トミカでがっかりしちゃったスピードテールファンの皆さん必見です。そのうち日本向けアソートに混じってくると思うので、国内での発売情報にも注視していましょう。

マクラーレン スピードテール

メーカー : マテル
ブランド : ホットウィール
識別番号 : 027084120134
スケール : 不明
ギミック : - - -
入手状態 : 新品
発売年月 : 不明
納車年月 : 2020年9月
標準価格 : 300円+tax
入手価格 : 600円
記事分類 : 新商品レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。





Sponsored Link