Retroletra.com

【新商品レビュー】'84 ポンティアック ファイヤーバード

tadatchi

tadatchi

th_P1290123.jpg
今月のホットウィールのベーシックアソートの新作から「ポンティアック ファイヤーバード」をご紹介。今月は先月の再録が多い月なので特に目立ったターゲットがなかったのですが、こんな時に限って列の先頭に並んでしまったので今月の新作らしいこちらをゲットしてきました。


Sponsored Link



th_P1290124.jpg
「ポンティアック」も「ファイヤーバード」も名前は聞いたことがあるけど、イマイチ個人的には馴染みのない存在。今回もWikipedia先生に助言を求めたところ、「ポンティアック」はGMが2010年まで展開していたスポーティー路線の乗用車ブランドだそうです。ファイヤーバードの項によれば「ファイヤーバード」は「シボレー・カマロ」の姉妹車だそうです。外観だけで見比べると意外な印象。名前は知っていたクルマですが、ミニカーを手に取ることで新しい知識が増えていきます。そういえば思い返してみれば2016年に別の世代のファイヤーバードのHWを紹介したことがありました。

th_P1290125.jpg
今回のモデルになっている84年式のファイヤーバードは通算3代目のモデル。ナイトライダーの劇中車「ナイト2000」のベースにもなっているあのクルマです。ホットウィールとしては新規登場のモデルですが、昔ながらの線が細いボディデザインのせいか、履いているホイールのせいか、なんだかすごく「昔のミニカー」感があります。なんとも不思議な感覚です。

th_P1290126.jpg
正面から。カマロと異なりリトラクタブルヘッドライトが採用されているのも「ファイヤーバード」の特徴です。ロアグリルやライト類が無彩色なので、顔立ちがはっきりしないのは残念。「昔のミニカー」感があるのはこれも一因かもしれません。

th_P1290127.jpg
真一文字のテールライトも赤色単色で表現。ボディカラーに埋もれてしまっているので、前後共に赤色のカタマリといった感じ。ちょっと物足りなさが否めません。

th_P1290128.jpg
th_P1290129.jpg
俯瞰して。サンルーフつきで開放感のあるデザインです。サイドウインドウは開いた状態で再現。

th_P1290131.jpg
th_P1290132.jpg
随所のエンブレム類とホットウィールのロゴマークがプリントで再現されています。

th_P1290130.jpg
裏側。

th_P1290119.jpg
パッケージ。

'84 ポンティアック ファイヤーバード

メーカー : マテル
ブランド : ホットウィール
識別番号 : 027084120134
スケール : - - -
ギミック : - - -
入手状態 : 新品
発売年月 : 2020年10月
納車年月 : 2020年10月
標準価格 : 300円+tax
入手価格 : 200円+tax
記事分類 : 新商品レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。





Sponsored Link