Retroletra.com

【入手記録】ビークルトイシリーズ トヨタ プリウスPHV Aプレミアム (スーパーホワイトII)

tadatchi

tadatchi

th_P1290729.jpg
ゲームセンターの景品として時々見かける「ビークルトイシリーズ」から「トヨタ プリウスPHV Aプレミアム」をご紹介。


Sponsored Link



th_P1290730.jpg
本家4代目プリウスから2年ほど遅れて登場した、プラグインハイブリッド(≒充電できるプリウス)仕様のプリウスPHV。賛否の大きく別れたノーマル車とは完全に別のキリッとしたデザインを採用し、より先進的で未来的なスタイリングで登場しました。かなりスタイリッシュで個人的にとても好きなクルマですが、トミカでGR SPORT仕様が登場したくらいしか目立ったミニカー化に恵まれておらず、このビークルトイシリーズのPHVもファンとしてはとてもありがたい1台です。

th_P1290731.jpg
カラーバリエーションは6色用意されているようですが、今回は入手の縁があった「スーパーホワイトII」をセレクト。前後のライト類やグリル類の造形がはっきり際立つ色なので一番いいチョイスかなと思います。

th_P1290732.jpg
正面から。ヘッドライトはビークルトイシリーズらしくクリアパーツで再現。ボディカラーがホワイトなこともあってクリアライトでも見栄えに違和感はありません。フロントグリルのガーニッシュがガンメタリックで塗装されていたり、トヨタマークが青色で塗られていたりと、細かいところまで手が回っているのが好印象です。

th_P1290733.jpg
後ろから。PHVの一番かっこいいポイントはこの特徴的なテールライトだと思います。夜道で見かけるとその存在感に一目惚れしてしまいます。リアバンパーに埋め込まれたウインカー類も印刷でしっかり再現。車名やプラグインハイブリッドのエンブレムも忘れずに再現されています。驚いたのはリアウインドウが実車同様に湾曲しているところ。ここの再現を怠らなかったのは本当に素晴らしいです。

th_P1290734.jpg
th_P1290735.jpg
ルーフにはソーラーパネルの再現まで。メーカーオプションとして設定ができ、実際にEV走行に活用できるそうです。

th_P1290736.jpg
裏側。

th_P1290727.jpg
パッケージ。

th_P1290744.jpg
th_P1290745.jpg
同時に手に入れた「プリウス S"ツーリングセレクション"」(※近日記事になります)と一緒に記念撮影。皆さんはどちらのプリウスがお好みでしょうか。

トヨタ プリウスPHV

メーカー : ブレイク
ブランド : ビークルトイシリーズ
識別番号 : - - -
スケール : 不明
ギミック : プルバック走行
入手状態 : 中古
発売年月 : 不明
納車年月 : 2020年10月
標準価格 : 景品のため不定
入手価格 : 600円+tax
記事分類 : 入手記録/レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。





Sponsored Link