Retroletra.com

【入手記録】童友社 軽カーコレクション第2弾 スズキ MRワゴン Wit ゴールド(シークレット)

tadatchi

tadatchi

th_P1290789.jpg
童友社から発売になった「軽カーコレクション第2弾」のシークレットである金ピカの「MRワゴン Wit」を手に入れたのでご紹介します。


Sponsored Link



th_P1290790.jpg
このシリーズは「童友社」製の1/64スケールミニカーで、「ワゴンR」4色と「MRワゴン」4色と今回ご紹介するシークレットの全9種のラインナップで展開されたブラインドパッケージ方式の商品です。2007年9月に発売になったものですが、いまだに店頭で売られているのをよく見るロングセラー(長期在庫?)アイテムで、つい先日「補充分 入荷しました」とTamTam秋葉原店の公式Twitterが呟いたことでちょっと私の中で大きな衝撃が走ったアイテムでもあります。どうやら調べてみると2016年9月に再販がかかった商品のようです。それにしても長期在庫ですね。

th_P1290791.jpg
メインラインナップの8台は実車同様カタログカラーで塗装されています(公式サイトでラインナップが見れます)が、シークレットはなんと「黄金のMRワゴン」でした。「金ピカ銀ピカは当たり」というトミカ博のイベント景品と同じ発想の香りがします。個人的には面白いと思いますが、カタログカラーが欲しくてこれが出てきたら逆にがっかりしてしまうかも......。

th_P1290792.jpg
正面から。童友社のミニカーというとあまり聞きなれない気がしますが、ミニカーとしての出来は決して悪くない印象です。ヘッドライトにはしっかりとクリアパーツが使われ、グリル類もしっかり彩色されています。フロントのスズキエンブレムも漏れなく再現。商品自体が古すぎてこの世代のMRワゴンを街中で見かけることもすっかり無くなってしまいましたが、なかなか実車の雰囲気を上手く再現できているのではないかなと思います。トミカを始め、他のライバルブランドが商品化してない車種をチョイスしているのもいいですね。

th_P1290793.jpg
後ろから。クリアパーツが使われたリアコンビネーションランプの塗り分けがお見事。金色のボディのせいで全く目立っていませんが、車名エンブレムもしっかり再現されています。軽自動車らしく黄色いナンバープレートに車名ロゴがプリントされているのもグッド。

th_P1290794.jpg
th_P1290795.jpg
俯瞰して。今回は中古で入手したのでルーフ周りに経年劣化の気配が感じられますが、黄金カラーのありがたみで帳消しです。各地で長期在庫になっているシークレットたちは大丈夫なんでしょうかとちょっと心配になります。

th_P1290796.jpg
車名入りの専用台座に固定されています。

スズキ MRワゴン

メーカー : 童友社
ブランド : 軽カーコレクション第2弾
識別番号 : 4975406005514
スケール : 1/64
ギミック : - - -
入手状態 : 中古
発売年月 : 2007年9月
納車年月 : 2020年10月
標準価格 : 450円+tax
入手価格 : 800円
記事分類 : 入手記録/レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。





Sponsored Link