Retroletra.com

【新商品レビュー】トミカ No.36 ダイハツ ロッキー

tadatchi

tadatchi

th_P1300081.jpg
トミカの今月の新車から「ダイハツ ロッキー」をご紹介。


Sponsored Link



th_P1300082.jpg
SUV群雄割拠のこの時代に、彗星の如く現れ、2019年7月に発売された話題のコンパクトSUV「ロッキー」がトミカに登場。1.0L直列3気筒ターボエンジンを搭載した5ナンバー車で、登録車規格の中では最もお手軽なサイズ感のSUVといえるモデルです。トヨタには「ライズ」という名前でOEM供給されています。街中でもよく見る人気で身近なクルマの1つですね。ちなみに1990年に発売された同名「ロッキー」との直接的な繋がりはないそうで、ダイハツの中ではあくまで新モデルという扱いのようです。

th_P1300083.jpg
ボディカラーはロッキー専用色(=ライズでは選べない)「コンパーノレッド」を纏ってトミカに登場。モノトーンとツートンカラーの2種類の設定がありますが、今回はルーフが黒いツートンカラーでの登場です。ロッキーとライズはデザイン面でも明確に差別化されているので、それだけでもどちらを買おうか悩ませてくれますが、オレンジ系カラーが好きな私としてはロッキーでしか選べないこのカラーに強い魅力を感じます。はてさて買うならどっちを選ぼうか。

th_P1300084.jpg
ヘッドライトはリアルにクリアパーツで再現。グリル類が全て塗られているので、迫力のあるロッキーのフロントマスクがはっきりと見て分かります。

th_P1300085.jpg
リアも塗り分けが細かくて素敵。ボディカラーに埋もれて目立ちにくいですが、リアコンビネーションランプは立体的な造形で再現されています。

th_P1300086.jpg
th_P1300087.jpg
俯瞰して。ギミックはサスペンションのみです。後部ドア開閉くらいあると面白かったんですけどねぇ。

th_P1300088.jpg
裏側。

th_P1300080.jpg
パッケージ。

th_P1300090.jpg
今回はロッキーに初回特別仕様が設定されています。

th_P1300091.jpg
通常品の色違い。大人っぽいダークブルーで登場。ボディカラーは実車でいうところの「レーザーブルークリスタルシャイン」でしょうか。

th_P1300092.jpg
通常品ロッキーはツートンカラーでしたが、初回特別仕様はカタログの仕様に則ってモノトーンカラーに。溌剌とした通常品のカラーリングも似合うけど、こういうシックな色もよく似合うんですね。どちらも魅力的で捨てがたい。

th_P1300093.jpg
th_P1300094.jpg
前後から。

th_P1300095.jpg
th_P1300096.jpg
俯瞰して。

th_P1300097.jpg
裏側。

th_P1300089.jpg
パッケージ。

th_P1300098.jpg
初回特別仕様はなくなり次第終了です。お見逃しなく!


ダイハツ ロッキー

メーカー : タカラトミー
ブランド : トミカ
識別番号 : 4904810156628/156673
スケール : 1/61
ギミック : サスペンション
入手状態 : 新品
発売年月 : 2020年11月
納車年月 : 2020年11月
標準価格 : 450円+tax
入手価格 : 450円+tax
記事分類 : 新商品レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。





Sponsored Link