Retroletra.com

【新商品レビュー】ホビージャパン 1/64 レクサス LM350 4シーター 白内装 右ハンドル

tadatchi

tadatchi

th_P1300159.jpg
ホビージャパンの新作1/64スケールミニカーから「レクサス LM350」が登場しました。情報が出たときから気になる存在だったので予約してしっかりゲットしました。


Sponsored Link



th_P1300160.jpg
Wikipedia先生によれば「レクサス LM」は2019年4月の上海モーターショーで初披露されたレクサスブランドのフラッグシップミニバン。現時点では日本市場向けに販売されておらず、中国を筆頭とする東南アジア向けの専売車種としてラインナップされています。パッと見て多くの人が気づく通り、ミニバン界の王様である「アルファード」「ヴェルファイア」の姉妹車的なポジションにあたりますが、レクサスブランドで販売されるにあたって、あらゆる面でレクサスの名に恥じない上位モデルとしての品質に高められているそうです。

th_P1300161.jpg
実車では「LM350」と「LM300h」の2タイプが存在し、それぞれ「4人乗りモデル」と「7人乗りモデル」が設定されているようです。今回ご紹介しているホビージャパンの1/64スケールミニカーからは「黒外装・白内装・4人乗り」「黒外装・黒内装・7人乗り」「白外装・白内装・4人乗り」「白外装・黒内装・7人乗り」の4タイプが同時に発売されており、今回私は一番贅沢そうな「白外装・白内装・4人乗り」のモデルをチョイスしました。この巨大な車体で4人乗り。贅沢の極みですよね。価格は日本円で2000万円ほどだそう。

th_P1300162_20201127204928f3e.jpg
正面から。存在感抜群の大きなスピンドルグリルがレクサスの証。複雑なメッシュの造形もリアルに再現されていてグッドです。ヘッドライトもアルヴェルとは異なり、先日マイナーチェンジした「LS」と同じ意匠のデザインになっています。一眼見てレクサスだとわかるL字型のライトもしっかり再現されています。

th_P1300163.jpg
後ろから。テールライトもLM専用のデザインになっています。クリアパーツでリアルに再現されています。広々と左右に繋がって光るテールライトは、「UX」や「IS」同様の最新のレクサスデザインに通ずるものがありますね。

th_P1300164.jpg
車名入りの専用台座つき。

th_P1300165.jpg
サンルーフつきなのも嬉しいポイント。

th_P1300157.jpg
th_P1300158.jpg
パッケージ。

レクサス LM350

メーカー : ホビージャパン
ブランド : - - -
識別番号 : 4981932055770
スケール : 1/64
ギミック : - - -
入手状態 : 新品
発売年月 : 2020年11月
納車年月 : 2020年11月
標準価格 : 2700円+tax
入手価格 : 2700円+tax
記事分類 : 新商品レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。







Sponsored Link