Retroletra.com

【入手記録】トミカ 日産 シルビア ブルー (トミカくじIより)

tadatchi

tadatchi

th_P1300830.jpg
お誕生日プレゼントとして頂いたミニカーの中から、トミカの「日産 シルビア」をご紹介。


Sponsored Link



th_P1300831.jpg
2000年12月に発売になった、最初のトミカくじのラインナップの1つとして登場した、水色のシルビアのトミカです。'00年というとトミカ30周年の世代。私が「幼稚園年長さん」だったときのものなので、まさに私が「トミカっ子」真っ盛りの頃に発売になったアイテムということになります。

th_P1300832.jpg
2代目シルビアのトミカ自体には縁がなく、他のカラーも含めて所有していませんでしたが、トミカの作り・雰囲気が「手にとった瞬間に懐かしい」仕上がりの1台です。上手く表現するほど語彙がありませんが、今のトミカにはない独特の空気感がこの時代のトミカにはあったと思います。当時「トミカくじ」自体は祖父に数台買ってもらった記憶があるので、くじを引く場所が違えば当時リアルタイムでゲットしていたかもしれないトミカです。

th_P1300833.jpg
ヘッドライトに使われているメッキパーツも懐かしい。最近のトミカではすっかり使われる機会が無くなってきましたね。ナンバープレートに数字が刻まれている金型のトミカもこの時代のものならではのものかなと思います。

th_P1300834.jpg
後ろから。テールライトにクリアパーツが使われているのがまたいい。当時としてはかなり贅沢な仕上がりの1台ではないでしょうか。

th_P1300835.jpg
th_P1300836.jpg
俯瞰して。内装パーツが赤いのがとってもグッド。これも今では組立工場くらいでしか見る機会がなくなりましたが、昔はもっと当たり前に存在していましたね。良い意味でも悪い意味でも「おもちゃっぽい」雰囲気がでるので、今後のトミカではもう真っ赤な内装は出てこないんだろうなぁ。私はいい意味で「トミカらしい」と感じるので、組立工場などでは積極的に赤シートを選ぶことが多々あります。

th_P1300837.jpg
左右ドア開閉ギミックつき。

th_P1300838.jpg
裏側。

th_P1300795.jpg
th_P1300796.jpg
トミカ30周年記念ロゴつきのパッケージ。当時のトミカくじは、1度選ぶと戻せない箱の作りになっていて本当にくじ引き形式で販売されていたんですよね。この頃の方がトミカくじは面白かった気がします。1つだけ引いてなにが出るかワクワクドキドキするって、大人買いが当たり前になってしまうとできない体験です。久々に童心に返らせてくれる素敵なトミカに出会えた気がします。

日産 シルビア

メーカー : タカラトミー
ブランド : トミカ
識別番号 : 4904810504344
スケール : 1/61
ギミック : サスペンション/左右ドア開閉
入手状態 : 中古
発売年月 : 2000年12月
納車年月 : 2020年12月
標準価格 : 不明
入手価格 : いただきもの
記事分類 : 入手記録/レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。
スペシャルサンクス : @8tomica2nd





Sponsored Link