Retroletra.com

【入手記録】京商 1/43 Jコレクション トヨタ GT86(LHD) 2013 ギャラクシーブルーメタリック

tadatchi

tadatchi

th_P1300926.jpg
2020年は色んなことがありましたね。色んなことがありすぎて語りきれないので、何も語らず2020年最後のミニカーレビューに参ります。最後のトリを飾ってくれるのは、私らしく、このブログらしく、このクルマです。京商「Jコレクション」の「トヨタ GT86 2013」をご紹介。


Sponsored Link



th_P1300927.jpg
てっきり「1st Edition」の1種類しか存在しないと思っていた、「Jコレクション」の「GT86」の1/43スケールミニカーにカラバリがありました。たまたまフリマサイトを巡回していて発見。左ハンドルのヨーロッパ仕様の前期型86です。EU仕様のナンバープレートがついている点や、外国人向けにデザインされたと思われるパッケージ(後述)から、海外輸出用に作られたミニカーだと推察されます。常に86/BRZのミニカーの情報にはアンテナを張っているつもりでいますが、海外のものはなかなか情報を手に入れるのが大変ですね。

th_P1300929.jpg
今回入手したのは「ギャラクシーブルーメタリック」の「GT86」です。日本仕様では「ギャラクシーブルーシリカ」の名前で知られている、初期の86に設定されていたダークブルーメタリックがモデルですね。残念ながら未入手のためこのブログに掲載はありませんが、日本向けの「Jコレクション」としては「トヨタ 86 GT Limited (ギャラクシーブルーシリカ)」として右ハンドル・赤内装のものが別途存在しています。海外向けに他のカラーが展開されたかは現時点では把握できていません。

th_P1300930.jpg
日本向けの「86」と欧州向けの「GT86」は基本的には同じ仕様になっているので、外観上は「GT Limited」グレードの「86」と殆ど同じです。今回のミニカーにおいても、フロント側の外観上の識別点は、EUスタイルのナンバープレートが取り付けられている点と、左ハンドル仕様になっていることくらいです。

th_P1300931.jpg
後ろから。リアにもフロントと同じデザインのナンバープレートが付けられています。ナンバープレートの下についた「TOYOTA」「GT86」のエンブレムは日本仕様にはない「GT86」だけの特徴です。ここをしっかり抑えられていればミニカーとしてリアの差別化は満点でしょう。

th_P1300932.jpg
th_P1300933.jpg
俯瞰して。左ハンドルだとガラッと印象が変わりますね。内装が黒1色で統一されているのも特徴です。

th_P1300934.jpg
車名入りの専用台座付き。

th_P1300924.jpg
th_P1300925.jpg
パッケージ。日本向けのものとは異なるデザインです。Facebookのアカウントをフォローするようにアピールするシールが貼られていたので、京商の何らかのプロモーション目的で作成されたミニカーなのかもしれません。「日本車コレクション」とデカデカと日本語で書いてあるのが、より一層「外国人向け感」を強めているような気がします。

トヨタ GT86

メーカー : 京商
ブランド : Jコレクション
識別番号 : 9580015203289
スケール : 1/43
ギミック : - - -
入手状態 : 中古
発売年月 : 不明
納車年月 : 2020年12月
標準価格 : 不明
入手価格 : 1500円
記事分類 : 入手記録/レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。

今年入手したミニカーは今年のうちに全部アップできました。きれいさっぱり片付け完了です。最終的な2020年の納車台数は784台で、書いた記事は631件でした。ずっと続けて来れたのもいつも応援してくれる読者の皆さんのおかげです。本当にありがとうございます。

今年の更新はこの記事でラストです。それでは皆様、よいお年をお迎えください。次の記事は元日発売のトミカの紹介からになるかな...?どうぞおたのしみに。



Sponsored Link