Retroletra.com

【入手記録】トミカギフトセット あこがれのスポーツカーコレクション

tadatchi

tadatchi

th_P1310196.jpg
2006年7月に発売になったトミカのギフトセット「あこがれのスポーツカーコレクション」をゲットしたのでご紹介。スポーツカーにラインナップを絞った4台組ですが、ラインナップは日産車が2台にマツダ車が2台。なんだか寂しい感じがしますが、そもそもそんなにスポーツカー市場が潤っていた時代の商品でもないので、スポーツカーをテーマにギフトセットが出たこと自体に意義があるのかもしれませんね。1台ずつご紹介。


Sponsored Link



th_P1310197.jpg
まずは「日産 フェアレディZ」から。当時は最新型だった「Z33」型のフェアレディZです。

th_P1310198.jpg
とても美しいボルドー系のメタリックパープルを纏っています。Z33のトミカも人気車故に数えられないほどのカラバリが存在しますが、このカラーが最も美しいんではないかなと思います。当時買ってもらうことができなかったもののひとつですが、売り場へ行ってはパッケージの窓からこのカラーに惹かれていました。

th_P1310199.jpg
ギフトセット用といっても基本的には既存金型を使った色違いモデルのセットになります。塗り分け方も基本的に通常品と同じ。横から見えるフロントバンパーのオレンジがZ33のデザインの好きなポイントの一つです。

th_P1310201.jpg
最近は見かけなくなってしまったメッキ仕上げのヘッドライトに時代を感じます。「トミー」時代のトミカですからねぇ。フロントの日産マークは印刷で再現。色のせいでわかりにくいですが、ロアグリルもしっかり塗られています。

th_P1310202.jpg
後ろから。テールライトだけでなく、リアウインカー部分も塗られているのグッド。ナンバープレート部分にはフェアレディZのロゴマークがプリントされています。

th_P1310203.jpg
th_P1310204.jpg
俯瞰して。

th_P1310205.jpg
左右ドア開閉。

th_P1310206.jpg
裏側。

th_P1310207.jpg
続いてRX-8。

th_P1310208.jpg
これまた美しいターコイズブルーを纏っての登場。最近、標識トミカとしてひょっこり現れて話題になりましたが、この時期のスポーツカーのミニカーの代表格と呼べるほど様々なバリエーションが作られ人気を博したトミカの一つです。

th_P1310209.jpg
RX-8のトミカは個人的に強い思い入れがあるものでもあるので、何台でも大歓迎。でもここで語るとまたしんみりしてしまうので心の中でちょっと思い出すに留めておきます。似たような色のものは他に出ていないので、ターコイズブルーのRX-8のトミカが欲しければこのギフトセットを買うしかありません。

th_P1310213.jpg
正面から。ヘッドライトはシルバー塗装で再現。エイトのトミカはグリルのメッシュが細かく再現されているのが目を引きますね。

th_P1310215.jpg
後ろから。テールライトはクリアパーツにプリントを重ねて再現。リアに透明なパーツを使うのは当時としては画期的だった記憶があるんですがどうだったでしょう。余談ですが2006年は小学6年生でした。そう思うとかなり昔の商品なんだなぁと感じられてしまいます。

th_P1310216.jpg
th_P1310217.jpg
俯瞰して。

th_P1310218.jpg
裏側。

th_P1310219.jpg
続いてマツダ ロードスター。

th_P1310220.jpg
「NC系」と呼ばれる3代目のロードスター。この時代はまだマツダが「レッド」に目覚める前だったので、赤いロードスターは当時の目には斬新に映りました。赤色でトミカ化した担当者は先見の明があったのかも...?笑

th_P1310221.jpg
今回のギフトセット唯一のオープンカー。いまだに国産コンパクトオープンカー市場はロードスターの独占状態が続いていますね。

th_P1310222.jpg
th_P1310223.jpg
近い時期に作られたトミカだからか、グリルやテールライトの再現方法がRX-8によく似ています。長い歴史のあるトミカだから時代ごとにクセや傾向が見えてくることも少なくないですね。

th_P1310224.jpg
th_P1310225.jpg
俯瞰して。

th_P1310226.jpg
裏側。

th_P1310228.jpg
最後に、日産 スカイラインクーペを。おそらくこのギフトセットの目玉車種になっているクルマです。

th_P1310229.jpg
ご存知の通り、スカイラインクーペのトミカは懸賞の景品用に、新規で金型が興された珍しい経緯を持つトミカでして「通常品」にあたるモデルが存在しません。定番モデルとして売られたことがなく、今回のギフトセットや、その他いくつかの特別企画アイテムで稀に現れることがある、ちょっとしたレアキャラトミカです。

th_P1310231.jpg
懸賞の景品は「シルバー」だったので、当然直接の代わりにはなりませんが、抽選に漏れてしまった人にとっては「スカイラインクーペ」のトミカを手に取る貴重なチャンスでした。今回のセットの目玉車種になっていると前述したのはそのためです。

th_P1310233.jpg
th_P1310234.jpg
黒いスカイラインクーペは、のちにレスキュートミカシリーズの「レスキューダッシュ4」としても登場し一般発売されますが、細部の再現のクオリティは言うまでもなくこちらが上。無地であること自体にも大きな意義があります。この時代の日産車でお馴染みのL字型テールライトはクリアパーツを使って再現されています。

th_P1310235.jpg
th_P1310236.jpg
俯瞰して。

th_P1310237.jpg
裏側。

th_P1310179.jpg
th_P1310180.jpg
パッケージ。

あこがれのスポーツカーコレクション

メーカー : タカラトミー
ブランド : トミカ
識別番号 : 4904810741510
スケール : - - -
ギミック : - - -
入手状態 : 中古
発売年月 : 2006年7月
納車年月 : 2020年12月
標準価格 : 1500円+tax
入手価格 : 2400円
記事分類 : 入手記録/レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。





Sponsored Link